タグ別アーカイブ: iPhoneケースの選び方

iphone ソフトケース ハードケース どっちがいいの?

スマホケースの種類は大きく分けて、ソフトケースとハードケースの2種類あります。
購入にあたり重要になってくる、5つのポイントを徹底比較してみましょう。

iphone ソフトケース ハードケース どっち_比較ポイント

保護力

ソフトケース…伸縮性のある素材なので、ボタンごと側面をすっぽりカバーできる
ハードケース…伸縮性がないので、着脱用に上下部が露出していたり、ボタン穴に埃がたまりやすい

耐久力

ソフトケース…衝撃は吸収しやすいが、長期間使っていると劣化して伸びたり破れたりする
ハードケース…意外と衝撃への耐性がなく、落下で割れたり、細かい傷などがつきやすい

薄さ軽さ

ソフトケース…ハードケースと比べると厚みがあり、サイズが一回り大きくなる
ハードケース…薄くて軽いので、装着してもほとんどサイズは変わらない

手触り

ソフトケース…手にフィットしグリップ感が強いが、ポケットなどからは出し入れしにくい
ハードケース…ツルツルした素材なので、手から滑り落ちやすい

透明感

ソフトケース…ハードケースと比べると黄ばみやすいが、ブルーイング加工で黄ばみにくいものもある
ハードケース…透明感があり、黄ばみにくいので、iPhoneそのもののデザインを生かせる

 

参考になりましたでしょうか?何に一番こだわりたいかで、選んでみるといいですね。

 

 

■クリアケースのおすすめランキング

iPhone本体の色や背面のAppleマークを隠すことなく、シンプルさを極めたいユーザーから根強い人気を誇る。選ぶポイントは、軽さと素材感。

 

ソフトケースのおすすめベスト3

1位 Highend berry
Arcクリア
小さな穴部分に蓋をして保護することができるため、イヤホンやライトニングの穴に溜まる埃が気になる人にぴったり。衝撃を吸収するために四隅が少し分厚くなっているデザインで、触り心地は柔らかめ。ストラップホールもあり、落下防止のためのストラップも付属。
>>ブランドページへ
2位 KINTA
iPhone 6s ケース(全9色)
日本製エラストマー使用。黄ばみが目立ちにくい“ブルーイング”加工で、長期間綺麗なままで使い続けることができる点も魅力。純日本製なのに低価格なので、機種変直後の「とりあえず買っておく」需要にもぴったり。
3位 AndMesh
iPhone6 ケース メッシュケース クリア
素材に採用されている日本製エラストマーは、工具のグリップやタフネスウォッチにも採用されている耐久性の高い素材。中国製品に代表されるリサイクル樹脂は一切使用していません。日本の技術者たちの、ものづくりへの想いが詰め込まれています。
>>ブランドページへ

ハードケースのおすすめベスト3

1位 amacore
高品質ハードケース クリア
薄くて軽いポリカーボネート製のスマホケース。ぴったりフィットし、厚みが約0.8mm程度増す程度のスリム設計。硬質の樹脂なので、デコレーションなどにも最適です。
2位 パワーサポート
Air Jacket set
iPhone6の外観を損なわないことを最優先に考えたポリカーボネート製の背面用ジャケット。丸みを帯びた形状にもジャストフィットしているため、ジャケットを装着しても手になじみ違和感がありません。液晶画面には透明度の高いクリスタルフィルムが付属。
>>ブランドページへ
3位 TUNEWEAR
eggshell クリスタルクリア(ストラップ付)
耐久性と薄さを追求した、たまごの殻のように薄くて軽い理想的な厚みの薄型ハードケースです。ケース表面には、ピアノの艶出しなどに使われる、丈夫で傷が付きにくいUVコーティングが施されています。ストラップホール付きで、様々な用途に使えるリングストラップスタンドも付属。
>>ブランドページへ

iphone ソフトケース ハードケース どっち_1

iphone ソフトケース ハードケース どっちがいいのかはかなり悩ましい問題です。ハードケースはとにかく落としても壊れない所にメリットがあるのですが、重量の重さが問題となります。最近は軽い物も続々と出ていますが、その分保護性能が弱くなっており、落とすと破損することもあります。両立する物を上手く利用すれば、ハードケースの方がいいこともあります。
ソフトケースはiphone ソフトケース ハードケース どっちかを考えると、グリップしやすいような素材で使われている分いい所も多いです。しかし薄い素材で使われることが多いため、高い所から落としてしまうと壊れてしまいます。またソフトケースは破れやすいので、扱い方を間違えるとすぐに使えなくなり、再度購入することになります。ハードケースよりも耐久性は無いと思ってください。
iphone ソフトケース ハードケース どっちを考える際は、耐久性と何年利用出来るか、そして自分の手に会うものかを考えていくことになります。ハードケースでも手にフィットしやすいものは増えているので、安全に考えるとハードケースの方がいいかもしれません。ただソフトケースも硬いものが出ていますし、手に持った感じがいいのであれば選んでも問題はありません。

 

 

iphone ソフトケース ハードケース どっち_2

 

初めてのスマホを手に入れた時やいま使ってるケースから乗り換えようとする時など、誰もが一度は思うことがありますよね。そう、iphone ソフトケース ハードケース どっちがいいの?と。
実はiphone ソフトケース ハードケース どっちには一長一短あります。
まずソフトケースのメリットは、手にしっとりと馴染み滑りにくく、従って落としてiPhoneを壊すことにつながりにくいところ。衝撃の吸収性に優れているところ。カラーバリエーションが豊富なところ。造形がしやすいため立体的なデザインのものがあるところ。それでいて脱着しやすいところ、などが挙げられます。
反面デメリットとしては、滑らなさすぎて衣服のポケットやかばんなどから取り出しにくい、ほこりがつきやすい、おおむねハードケースに比べて重量が重めである、長期間使っていると劣化し伸びてきてiPhone本体にフィットしなくなる、などが挙げられます。
ハードケースのメリットは、軽くて薄い、クリアケースなら自分のお気に入りの写真を使った世界に一つだけのケースの自作がしやすい、ケースの表面が平らなので様々なプリントのものがある、などがあります。
反面デメリットとして意外に衝撃への耐性がなく割れやすい、ケース表面に傷がつきやすい、滑りやすい、などがあります。
iphone ソフトケース ハードケース どっちが良いかは、結局は好みによるのかもしれませんね。

 

iphone ソフトケース ハードケース どっち_3

 

iphone ソフトケース ハードケース どっちがいいのか迷われている方も多いでしょうか。
多くの方はiphone ソフトケース ハードケース どっちがいいか決める時は、手に持った感触の好き嫌いと、どちらがよりiphoneを衝撃から守ってくれるかという点で選んでいると思います。特に手触りの感触の好き嫌いは大きな分かれ目ですよね。実際、シャープさを求める人はハードケースを選ぶことが多く、カジュアルさを求める人はソフトケースを選ぶことが多いです。ソフトケースのシリコンは、長く使うとどうしても手触りが悪くなってしまいますが、ハードケースの冷たさを感じたくない方には好まれています。
衝撃の点から見ると、ハードケースは強いものの、吸収力には劣るので、普段は傷は付きにくいけれども、落とすと割れやすいとも言えます。本体にも衝撃が伝わってしまいますね。その点、ソフトケースは吸収力があるため、クッション性があり、本体へ衝撃が伝わりにくく、その分破損もしにくいです。ただハードケースは元々の強さがありますから、その点でも一長一短で、iphone ソフトケース ハードケース どっちを選ぶかは、重視したい点によって変わってきます。
ちなみにソフトケースとハードケースの中間と言われていて、柔軟でありつつ、そこそこ強いのがTPUですが、クリアケースであれば変色しやすいという弱点もあります。

 

iphone ソフトケース ハードケース どっち_4