iPhone 6s Plus ケース ブランド商品の特徴とは?


iPhone 6s Plus ケース ブランド商品の特徴とは? 1

最近のiPhoneの進化、そしてiPhoneのケースの進化には驚かされるばかりです。 過去に発売されていたバンパータイプの各種ブランドのiPhoneケースでは、バンパーの金属やアルミの部分がiPhoneの電波に干渉しやすくなってしまうという弱点がありました。 そのためバンパータイプのiPhoneケースを装着していると電波が弱くなったり、圏外になってしまったりという困った事例もあったようです。 iphone6splus ケースではiPhoneのアンテナに接触する部分の素材をアルミなどの金属ではなく、ポリカーボネイトなどの金属以外の素材にすることで、電波干渉を極力おさえることになるでしょう。 ポリカーボネイトはプラスチックのような素材で、薄くて軽いので大型化が進んでいるiphone6splus ケースとして装着しても邪魔になりません。 バンパータイプのiPhoneケースの特徴はそのフィット感にもあると言えます。 ガッチリとフィットすることで落下時のダメージも吸収できますし、バンパー部分がiPhoneの表面部分より盛り上がった構造なので液晶への衝撃もおさえることができます。 iphone6splus ケースを購入するなら、よりiPhoneをしっかりガードすることができるという特徴がある、バンパータイプがオススメです。

iPhone 6s Plus ケース ブランド商品の特徴とは? 2

iphone6splus ケースでは、ブランド商品と呼ばれている物も多数あります。こうしたケースの特長としては、まずシンプルな形をしていることです。ブランド品以外であれば、かなりゴテゴテしている商品もありますし、側面部分にも加工を施している物も多数あります。しかしブランド商品の場合、そこまで加工をしていないことが多く、ケースの形はとてもシンプルなものになっています。 シンプルにすることによって、簡単にケースを取り付けられるというメリットがあります。またiphone6splus ケースとして利用する際に、手に持ちやすいことも良さとなっています。これらの2つを意識しているので、シンプルな形にしているものが多いです。それと同時に、イラストなどでブランドが分かりやすいようにしている特徴もあり、見ただけである程度の情報が分かるように作られているケースが多くなっています。 かなり使いやすいブランドケースもありますが、多くのケースはシンプルかつ分かりやすいものが採用されているので、iphone6splus ケースとしては使いやすい分類に入ります。付けているだけというイメージが強くなりがちですが、ブランドケースならその印象も少しは変わってくることになります。

iPhone 6s Plus ケース ブランド商品の特徴とは? 3

iphone6splus ケース ブランド商品の特徴とは? iphone6splus ケース ブレンド商品の特徴をご説明します。iphone6splus ケースのブランドとして有名で人気があるのが『Spigen(シュピゲン)』ですが、iPhone6s/6splusの発売がまだ発表になっていない段階で、iphone6s用のケースの予約販売を開始しました。Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどで開始したのですが、iphone6splus ケースはこの時点ではまだです。 iphone6sの大きさやサイズに関しては、さまざまな憶測が流れている段階であるにもかかわらず、いち早くiPhone6s用のケースの予約販売を決めました。ケースの入荷予定は9月30日としています。これは、iphone6sの発売が9月9日ではないかと噂されていて、厚みも少し分厚くなるのではないか?と正確な情報が出ていない状況での予約受付ですから驚きです。 このケースは、「エアースキン」という名称で、ポリカーボネート素材が採用されているのが特徴です。端末にフィットする薄さ0.4mm、重さが4gです。マット加工がされているので滑りにくくなっているとのことです。注目すべきは、「iPhone6sのスリムさをそのまま楽しむことができる」という部分でしょう。シュピゲンは仕様の情報を入手しているということなのでしょうか。ただし、「仕様は予告なく変更される場合がある」としているので、iphone6sの発売後にこっそりと仕様変更するのかもしれません。

iPhone 6s Plus ケース ブランド商品の特徴とは? 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です