iphone6s バンパー 電波 対策済み人気商品紹介


iphone6s バンパー 電波 対策済み人気商品紹介 1

iphone6s発売間近になりバンパーを初めて買う人もいると思います。 バンパーには電波障害が出るものもあるのでiphone6s バンパー 電波障害の対策をしているものを選びたいですね。 今回はの人気商品をご紹介します。 ■ibacks Essence Bumper このバンパーはアルミを可能な限り薄くし最薄部0.6mmに加工することに成功しています。 また電波の通り道として、アンテナ部の側面上部にスリットを開けることにより、電波障害の減衰を限りなくゼロに近づけています。 ■Deff CLEAVE ALUMINUM BUMPER このバンパーは電波テストにより幾度も改善とテストを繰り返し最適なデザインで設計されています。 スリットでは無く、バンパーの根本の形からのアプローチで電波対策をしているこだわりのバンパーです。 ■GILD design ソリッドバンパー このバンパーはジュラルミンA2017Sを使用し強度を高めています。 その強度を元に側面のバンパーの中を肉抜きすることで電波障害の対策はばっちりです。 デザインの好みは分かれますが電波対策優先の時のおすすめはこのバンパーです。 この3つはiphone6s バンパー 電波対策を選ぶ上で最も優れたバンパーです。 iphone6s バンパー 電波対策のケースを選ぶときの参考にしてください。

iphone6s バンパー 電波 対策済み人気商品紹介 2

iphone6s バンパー 電波 対策済み人気商品紹介です。 電波の弱い地域に住んでいるかたや、行動範囲に電波の弱い場所があるかたはiphone6s バンパー 電波障害が気になるかもしれません。iphoneが発売された当初はバンパーを付けるとかなり電波の入りが悪くなったものです。ただ最近は電波の状況も良くなり、本体のアンテナ性能も良くなっていますので、よほどのことが無い限りはiphone6s バンパー 電波障害は考えなくて良いと思うのですが、上記のとおり、まだ電波の弱い地域もあります。 そこでできる限り電波障害を除去した対策済みのバンパーを探してみました。 見つけたのは「DECASE prossimo iPhone 6」です。素材の特性に注目し、iPhoneのアンテナに触れる部分をポリカにすることで、電波の障害を抑えるものです。 これにより、バンパーの弱点「電波が悪くなる」という現象を極限までおさえたiphone6s バンパーとなっています。 また「超軽量7gアルミバンパー ibacks Essence ゴールド iPhone 6」はアンテナ部にスリットを設け、電波干渉を減らしたタイプです。最近ではこのようにアンテナ部にスリットを設け、電波干渉を減らしたタイプが多くなっています。ご購入検討の際には、アンテナ部にスリットが入っているかどうかに注目するのが良いでしょう。

iphone6s バンパー 電波 対策済み人気商品紹介 3

iphone6s バンパー 電波 対策済み人気商品紹介です。 電波障害が気になる方におすすめです。 例えば、「SQUAIR The Dimple」は4分割の金属バンパーを組み合わせる構造のため、接合部分が電波の逃がし穴になるように設計しているそうです。ただ、メーカーの公式サイトでも「電波劣化が少しでも気になるお客様にはご満足いただける製品ではありませんので、ご購入をお控えください。」と記載されています。このような記載があるのは逆に安心かもしれません。iphone6s バンパー 電波障害はある程度しかたないのかもしれません。 また「電波干渉を抑えたアルミバンパー『DECASE prossimo』」はiPhoneのアンテナに触れる部分をポリカにすることで、電波障害を抑えています。金属素材の弱点をわかったうえで、バンパーの弱点「電波が悪くなる」という現象を極限までおさえたバンパーです。側面はアルミ素材となっており、見た目は恰好よく仕上がっています。 なんと「アルミとウッドバンパー i+CASE CRAFT チタニウム iPhone 6」というバンパーはアンテナ部分に天然木を使ってiphone6s バンパー 電波障害を抑えています。 このバンパーは電波障害がきになるかたはもちろん、木材好きのかたにもおすすめです。

iphone6s バンパー 電波 対策済み人気商品紹介 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です