スマートフォンのケース 保護性能重視

iphone6プラスのケース_1

 

高機能で美しい画面も特徴なiPhoneは精密機械ですので取り扱いに慎重になっている人も多いでしょう。せっかく買ったiPhoneをもっと気軽に触れてみたいという人にオススメなiphone6プラスのケースをご紹介します。
タフなケースとして知られるSPIGEN SGPのSlim Armor Azalea Pinkはメタリック感も楽しいケースです。ポリカーボネート素材は強化された耐久性も魅力で、TPUは抜群の信頼性を誇ります。衝撃吸収系の性能で落下事故にも強いモデルです。
保護を重視したiphone6プラスのケース、続いてはCase-MateのHybrid Tough Case Gray/Blackです。ABS樹脂製を採用していて、ハードな感触も精密機械を防護する安心感があります。特殊エンボス加工で手触りにも配慮しています。デュアルレイヤーの構造は耐衝撃性にも強く、信頼性ある仕様です。iPhoneを使っていてつい落としてしまうことはありがちですが、まさかの時にも頼れます。
同じくCase-MateのHybrid Tough Naked Case Smoke/Blackは二重構造ケースがiphone6プラスのケースに最適な仕様。ハイブリッドな魅力を醸し出す高品質ケースです。透明仕様ですが頑丈にiPhoneの本体をガードしてくれます。カバンなどの中で衝突があってもびくともしないケースです。

 

 

 

 

 

iphone6プラスのケース_2

 

iphone6プラスのケースで保護性能を重視する場合、前後左右全ての部分を覆うことが必要となります。そのようなケースが実際にあるのか気になる所ですが、Spigenが発売しているウルトラハイブリッドシリーズで可能となっています。このケースは後ろからはめ込むだけのケースではなく、実は液晶面からもガードが出来るようになっています。両側からくっつける形で取り付けるので、全ての部分を守ることができます。
通常のiphone6プラスのケースであれば、後ろの部分だけをケースでガードして、後の部分については他のもので保護することになります。これでは液晶部分は別のものを利用しなければなりませんし、フィルム程度では落とした時の衝撃に耐えられません。ウルトラハイブリッドは両方の部分をガードできるようにしているため、液晶部分もしっかり守られます。更にくっつける側面部分が厚くなり、薄い端末も安心して利用出来るのです。
こうした保護性能重視のiphone6プラスのケースを持っていれば、落とした時に安心して対処ができます。どんどん薄くなる端末を考えると、厚みはそこまで無くても保護できるようなケースが必要であり、それがウルトラハイブリッドのいい所でもあります。

 

iphone6プラスのケース_3

 

iphone6プラスは画面が大きく、そのため本体が大きいので薄さも際立つスマートフォンです。ズボンのポケットに入れていたら曲がった、などとまことしやかに言われるこの製品、どうせならしっかりと万全の保護機能を持ったiphone6プラスのケースで使いたいところです。
そんなとき、iPhone 6 plus用レッドペッパー防水ケース、という商品を使うといいかもしれません。
防水機能については水深2メートルの防水効果があり、また高さ2mからの落下試験もクリアしているので通常の生活で出会うようなトラブルは回避できます。また指紋認証機能や、本体を横向きに立てておいておくことのできるスタンドが背面についています。
気をつけたほうがいいのは、専用のイヤホンジャックをなくしてしまうと、このこもった音でしか聞こえなくなってしまうので大切に使用したほうがいいということで、音楽の視聴に向かなくなってしまうという点です。もちろん通話はできます。
また、当然ですが保護性の高いiphone6プラスのケースを使うと、大きな本体がさらに大きくなりますが、安心感にはつながるでしょう。
また価格が5000円程度、ネット通販などでは3500円程度で購入できるので、保護性の高いiphone6プラスのケースとしては充分なお手頃な価格です。

 

iphone6プラスのケース_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です