iPhone 6 plus 金属製 バンパー 電波 人気 商品の対策方法


iPhone 6 plus 金属製 バンパー  電波 人気 商品の対策方法 1

iphone6plus バンパー 電波 人気の電波対策済み商品をいくつか紹介したいと思います。 iphone6plus バンパー 電波 人気商品で電波対策済みのものでまず紹介するのは、DECASE for iPhone 6 Plusです。 このバンパーは、iphone6plus本体のアンテナ部分の上にくる部分に小さな穴が開いています。 この穴があることで、電波が拾いやすくなっています。 本当に小さなただの穴ですが、これが有るのと無いのでは大違いです。 iphone6plus バンパー 電波 人気商品で電波対策済みのもので2つ目に紹介するのは、ソリッドバンパー for iPhone6Plusです。 こちらのバンパーも先ほどのものと一緒で、iphone6plusのアンテナ部に金属が被らないようになっているものですが、こちらの方が大幅に開いています。 バンパーサイドがほとんど開いていますので、アルミ製のバンパーは電波が弱くなるという弱点をほぼ感じる事はありません。 どちらのバンパーもiphone6plusのアンテナ部分を金属で覆わないようにするという非常に単純な対策ですが、たったこれだけのことで嘘のように電波が弱くなるという問題を解消できます。 この2つでももし電波がまったく入らないということでしたら、アルミなどの金属製のバンパーではなく、TPUなどの素材のバンパーに変える事をお勧めします。

iPhone 6 plus 金属製 バンパー  電波 人気 商品の対策方法 2

iphone6plus バンパー 電波 人気商品の対策方法として一番多いのはiphone6plusのアンテナ部の上の部分のバンパーに穴を開けるというものです。 これは穴を開けるだけですから非常に簡単に、しかも安価に出来るので多くのメーカーが採用しているのだと思います。 本当に小さな穴から、かなり大き目の穴までさまざまですが、どれもそこそこ効果があるようです。 人気の商品だと、この穴が大きい傾向にあります。 iphone6plus バンパー 電波 人気商品の対策方法で他にあるのは、アルミ製のバンパーの下にTPU素材のバンパーを着けるといった対策です。 この方法だと、金属であるアルミが直接iphone6plusのアンテナを覆いません。 少し隙間が開くカタチになりますので、そこから電波が流れる感じです。 これはアルミバンパーの他に、TPUのバンパーを作ることになりますのでちょっと値段の高めの人気バンパーに多い対策方法です。 iphone6plus バンパー 電波 人気商品の対策方法として最後にもう1つあるのが、異素材を組み合わせる方法です。 こちらは高価なバンパーにみられる対策方法で、iphone6plusのアンテナ部分の上だけ金属以外の素材で作る事により、電波の通りを妨げないという対策です。 異素材を組み合わせるということでコストがかかりますので高価なバンパーに使われていることが多いのですが、高価は抜群です。

iPhone 6 plus 金属製 バンパー  電波 人気 商品の対策方法 3

iphone6plus バンパー 電波 人気 商品の対策方法 iphone6plus バンパー 電波 人気 商品の対策方法についてお話します。 バンパー、特に、金属性のバンパーについては、電波干渉や電波障害、電波が弱くなるなどということが言われています。これは、金属性のバンパーに限らず、金属性のカバーやケースも同じでしょうし、金属性ではなくても、カバーやケースでiphoneを覆ってしまえば、どんな素材であっても影響が出るのではないかと考えています。それに、バンパーやケース、カバーなどを装着していなくても、使用している条件によっては電波干渉などは起こるものです。そのあたりのことを気にし出すと、手に持って使うことさえ電波干渉があるからダメということになりかねません。 しかし、そうは言っても、バンパーを装着している人の中には、「たしかに電波干渉がある」という人もいるわけです。iphone6plus バンパー 電波 人気メーカーも、電波対策には人員やコストをかけていて、さまざまな工夫が施されてもいます。メーカーの中には、対策にお金をかけているものの、使用者の環境によってはどうしても防ぎきれないということで、購入後14以内に限り、返品可能としているケースもあります。ジュラルミン削り出し アルミバンパー MY-BUMが人気のメーカー、株式会社フジツール XEXeed358(ゼクシード358)がそれです。

iPhone 6 plus 金属製 バンパー  電波 人気 商品の対策方法 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です