スマホバンパー 電波 対策済みの日本製品まとめ

20141008_TheEdge04_morita

iPhone6Plus バンパー 電波 対策済みの日本製品まとめ

iPhone6Plus バンパー 電波 対策済みの日本製品である『SQUAIR バンパー “The Dimple” Bumper case for iPhone 6 Plus 日本製 iPhone ドレスケース ジュラルミン を贅沢に切削で削り出した ネジが要らない金属製切削4分割アルミバンパー (ITOIGAWA Latch構造) | ゴールド Gold SQDMP610-GLD』をご紹介します。

SQUAIR」は企画から製造、組み立て、パッケージ梱包まで、全ての工程を日本国内で完結しているのが特徴で、純日本製の製品を作ることで知られています。また、日本製アルミニウム合金のジュラルミンから削り出して作っていることでも有名で、このバンパーは「超々ジュラルミンA2017」が採用されています。

それらとともに、「SQUAIR」が有名なのは、電波対策に関することなのです。このiPhone6Plus バンパー 電波済みの製品もそうですが、このような説明書きがされています。

iPhoneケースは本来、どんな素材でも電波劣化が起こります。

中でも金属製とカーボン製が最も電波劣化が激しいと言われており、その引き換えに、他素材では不可能な強度でiPhoneを保護することが可能です。

SQUAIRは電波が劣化する素材だと認知していながらあえて使用し、絶対的な保護性能と美しさを追求した製品です。

限られた中で構造設計を工夫することにより、極限まで電波劣化を抑えて製品化に至っています。

The Dimple』は、4分割の金属バンパーを組み合わせる構造のため、接合部分が電波の逃がし穴になるように設計しています。

電波劣化が少しでも気になるお客様にはご満足いただける製品ではありませんので、ご購入をお控えください。』

つまり、「電波劣化よりも、保護性能と美しさを優先させたが、電波対策も万全だ」という意味ですよね。冒頭にあるように、どんな素材でも電波劣化が起こります。バンパーより、すべてを覆ってしまうカバーやケースの方が劣化するように感じる人はいませんか?

20141008_TheDimple04_morita

iPhone6Plus バンパー 電波 対策済みの日本製品まとめ

iPhone6Plus バンパー 電波 対策済みの日本製品である、精密機器メーカー技術の結晶 誤差精度0.05mm以下を実現した高精度アルミニウムバンパーケース 『DECASE for iPhone 6 Plus」をご紹介します。DECASEシリーズは、電波干渉対策に優れていることで高評価を得ているブランドです。

DECASE(ディケース)は、CROY合同会社のブランドの一つで、アルミニウムの工作精度、日本の職人が作る革製品。素材、ユーザビリティを追求した本物志向のモバイルガジェットアクセサリーなどを手がけています。

このバンパーについては、このように説明されています。

『金属製ケースの最大の弱点である電波干渉対策を徹底追求。スマホ内蔵通信アンテナ位置、電波の「流れ」を考慮したアンテナホール加工等を実施。金属ケースとしては世界最高峰の低電波干渉率を実現』

もちろん、電波対策だけではありません。スライドロック式(横留方式)が採用されていることにより、バンパー特有の膨らみを減らすことに成功し、iphone6 plusにピッタリします。サイドボタンもアルミニウムで再現されていて、単にくり抜かれているデザインとは一線を画しています。アルマイト加工で有名な企業に依頼したことで、耐食性・耐摩耗性も向上させています。

20141010_TheDimple-button_morita

どんなに優れたバンパーでもスマホ本来の機能を妨げるものを使っていては快適に扱うことができなくなってしまいます。だからバンパー類を付けるときに懸念されるiPhone6Plus バンパー 電波の弱化という不安を少しでも取り除くには、精密な設計で作られたDECASEのものを装着すると良いです。

アルミニウムの加工技術に優れた日本の職人が作っているため狂いがなく、iPhone6Plus バンパー 電波の入りは当然としてフィット感も安物の有象無象のものより素晴らしいといえます。電波対策だけに重点を置いているかと思いきや、他の面でも様々なところで職人の技術が行き届いているのです。

もともとこのシリーズは快適さに定評がありましたし、それはiPhone6Plus バンパー 電波でも同様です。機種に合わせたバンパーを出すたびに性能がころころ変わって安定しないメーカーも多い中で、これは実はとてもすごいことです。常に高いクオリティのバンパーを出してくれるからとても信頼できるメーカーと太鼓判を押せます。

バンパーというと横のボタンを避けた形で設計されているものが一般的ですが、DECASEだとこの部分もアルミニウムで覆われています。これだけ工夫されていてもしっかり電波が入りますし、電波が安定しなくて困っている人なら変えてみると効果を実感できるかもしれません。

20141010_TheEdge-button_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です