スマホ バンパー アルミ 製 高級バンパーまとめ

20141008_TheDimple04_morita

iPhone6Plus バンパー アルミ 高級バンパーまとめ

iPhone6Plus バンパー アルミ 高級バンパーの一つが、『SQUAIR バンパー “The Dimple” Bumper case for iPhone 6 Plus 日本製 iPhone ドレスケース ジュラルミン を贅沢に切削で削り出した ネジが要らない金属製切削4分割アルミバンパー (ITOIGAWA Latch構造) | ゴールド Gold SQDMP610-GLD』です。

このiPhone6Plus バンパー アルミニウム合金は、「超々ジュラルミンA7075」が採用されています。航空機などにも採用されるアルミニウム合金から削り出すという方法により加工されて作られた高級品です。日本の伝統工芸と最新機器のハイブリッドである「最新伝統工芸」と称される技術により生み出されました。企画から製造、組み立て、パッケージ梱包まで、全ての工程を日本国内で完結しているということで価格が上がってしまう部分もあるとは思いますが、素材も技術も、やはり高水準であるわけですから、価格が上がってしまうのは仕方ないところなのだと思います。

しかし、逆に言えば、そのおかげで、これだけ素晴らしい高級バンパーアルミを使うことができるのですから、売れるかどうかわからないのに、これだけ高級なアルミバンパーを作ってくれたことに感謝したい気持ちになります。

index

iPhone6Plus バンパー アルミはその薄さと軽さで、本体を保護しつつiPhoneの携帯性をアップします。バンパーを付けることでグリップ力が上がりますし、中には持ちやすいように手にフィットするよう計算しつくしたフォルムのものも多く出ています。

そんなiPhone6Plus バンパー アルミは基本的に手に取りやすい価格帯のものですが、中には高価なものもあります。例えば大きなアルミ合金の塊を削り出して作るものは普通のアルミバンパーよりも強度も上がり、素材の状態変化もなく、また一つ一つ丁寧に作られているクオリティの高さからたくさんの人に選ばれている高級バンパーです。

そしてiPhone6Plus バンパー アルミ合金素材の中でもジュラルミン製のものの圧倒的存在感は、他の素材の追随を許しません。アルミの軽さはそのままに、さらに強度を増すための加工がされているのがジュラルミンです。高級機や車などのパーツにも使われている頑丈な素材が、iPhoneを守るためのバンパーになっているのですから、その強固さは想像しやすいでしょう。たとえば、SQUAIRのバンパーThe EdgeThe Dimpleなどが人気です。

アルミバンパーというのはフォルムが薄いのに美しく、強度が高いためとても支持されています。工具なしで簡単に取り付けられるものも増えてきましたので、一味違う高級バンパーを利用してみてはいかがでしょう。

20140926_TheDimple-Hold

iPhone6Plueは人気商品だけに、アルミバンパーの種類もいっぱいです。比較的リーズナブルな製品が人気のようですが、中には高価な高級製品もあるようです。いったいどのような製品なのでしょうか。「iPhone6Plus バンパー アルミ」で検索をかけて調べてみましょう。

iPhone6Plus バンパー アルミ」で検索をかけてヒットしたサイトのうち、大手ショッピングモールサイトの商品一覧へのリンクをクリックし、価格が高い順にソートしてみると、なかなか凄い商品がありました。

最初に紹介するのは「Deff」が海外向けに販売している「DRACO design」の製品です。オーストリアのクリスタルガラス製造会社「SWAROVSKI」の製品を使用したものがあり、お値段なんと88000円。Deffならではの加工技術に加え、SWALOVSKIのクリスタルガラスを手作業ではめ込んでいるのですから高価になるのもうなずけるのですが、それにしてもこの価格は驚きしかありません。

国産メーカーでは「SQUAIR」も負けていません。同社の「超々ジュラルミン」を使用した「The Dimple」はなんと64800円、比較的安価な「The Edge」でも32400円です。高価なだけに丈夫さは折り紙つきで、これなら万が一落としてしまっても安心できそうです。

他にもいろいろな高級バンパーがありまる。「iPhone6Plus バンパー アルミ」で検索をかけて楽しんでみるのも悪くなさそうですね。

20141008_TheDimple-main_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です