Apple 製 スマートフォン バンパー 定番商品まとめ

20141111_TheEdge-gold-main_morita

iPhone6Plusバンパー 定番商品まとめ

iPhone6Plusバンパー 定番商品と言えば、『SQUAIR バンパー “The Edge” Bumper case for iPhone 6 Plus 日本製 iPhone ドレスケース ジュラルミン を贅沢に切削で削り出した 金属製 アルミバンパー ネジ不要 | ゴールド SQEDG610-GLD』でしょう。

iPhone6Plusバンパー定番商品と呼ぶには、かなり高価なのですが、それでも定番であるのは、そのデザインと素材の素晴らしさだけではなく、そのポリシーやコンセプトにもあると思います。

このバンパーを製造したのは「SQUAIR」というメーカーです。SQUAIRと言えば、アルミ削り出し、それも日本製のアルミニウム合金の「ジュラルミン」です。「A2017」と呼ばれるジュラルミンを贅沢に切削して削り出して作られています。航空機などにも使用されていることからわかるように、軽くて丈夫な素材であり、耐久性にも優れているので、価格が高くても、十分元が取れるわけです。元を取るという考え方からすると、そもそもiPhone6 Plus を保護する保護力こそが、元を取るということになるはずです。

機能美を追究するのが日本の文化であり、技術、職人気質といえますが、まさにこのバンパーが、それを体現していると感じます。

20141008_TheEdge-gold01_morita

iPhone6Plusバンパー 定番商品まとめ

iPhone6Plusバンパー 定番商品である『iPhone 6 Plus ケース Spigen [ クリア バンパー] ウルトラ・ハイブリッド Apple iPhone (5.5) (国内正規品) (クリスタル・クリア 【SGP10900)』をご紹介します。背面にクリスタルクリアを使用することにより、背面も守ることができるiPhone6Plusバンパーです。透明なクリスタルクリアですから、Appleのロゴデザインもクリアに見ることができるのです。

TPU素材が使用されているサイド部分については、各コーナーの内側部分に空気によるエアクッションが装備されています。iPhone6 Plusを落としてしまったときに、このエアクッションが衝撃を吸収するように設計されているのです。また、エアで保護するということは、軽量化にもつながっています。

コーナー部分でいうと、背面のコーナー部分にも工夫がされていて、突起が設計されています。この突起が各コーナー4ヶ所にあることで、背面部分のスクラッチ傷を防ぐことができています。背面クリスタルクリアカバーがあるにもかかわらず、このリアガードという突起を設計するという配慮があるのです。平坦な場所に置いても、凹凸のある場所に置いても、これでiPhone6 Plusを守ることができます。

20141008_TheDimple04_morita

iPhone6Plusバンパー 定番商品まとめ

iPhone6Plusバンパー 定番商品の『PLATA iPhone 6 Plus 用 アルミ カラー バンパー ケース 【 レッド 】 IP6P-6008RD』をご紹介します。軽量&頑丈なiPhone6Plusバンパーで、レッドの他のカラーは、ブラック・シルバー・ゴールド・ブルー・ピンク・パープル・ビビットピンク・ライトブルー・グレー・グリーンがあります。

このバンパーを購入した人の感想レビューを読むと、「薄くて良い」「精度と高級感が良い」「Good」「とてもいい!」「スッキリしてます」「値段の割りにはかなり良い」「なかなかしっかりした作りです!」「気に入りました」「思った通りの良い商品」「かっこいいです」などの良い評価が並びます。

ただし、iPhone6 Plus以外に装着している人たちの評価はあまりよくないものも並んでいます。相性の問題なのでしょうか。値段相応ということも言えるのかもしれませんが、高評価も低評価も同程度というのは仕方ないところかもしれません。定番商品として利用者が多いバンパーですから、改良されるといいのですが、満足している人も多いので、そのあたりを考慮して判断するようにしてください。PLATA(プラタ)には、他にもたくさんのバンパーやケースがありますので、それらもいいですよ。

20141009_TheDimple-back-black_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です