カッコいい iPhone6 アルミバンパーケース でみんなと差をつけよう!

20141008_TheEdge-main_morita

カッコ良さという視点で考えると、iPhone6 アルミバンパーケースを利用することも大切になってきます。アルミバンパーは非常にカッコ良さがありますし、背面は端末のまま利用することが出来るので便利です。周りをカスタマイズしているような感じになるので、結構カッコ良さを残しながら、端末を利用することができます。周りの人は普通のケースを利用していることが多いので、バンパーケースは大きなメリットとなります。

何故iPhone6 アルミバンパーケースで周りに差をつけられるのかは、バンパーケース自体がそこまで利用されておらず、取り付け方法も複雑なのが要因です。ネジを利用するタイプだと、女性の方はあまり利用しませんし、男性の方もネジが好きじゃなければ使わないことが多いです。そのため付けている人は珍しいですし、アルミバンパーだと、色を合わせながら使いやすい点で差を付けられます。

iPhone6 アルミバンパーケースを利用することによって、多くの方とは違った感じにアレンジすることができます。周りと差を付けるのであれば、カッコ良さを追求したアルミバンパーを購入するといいです。少しでもカッコ良さが出るようにしておくと、更に端末で差を付けられます。

20141009_TheDimple-Front-silver_morita

最近のケースの流行は手帳タイプのようです。

手帳タイプはiPhone全体を包みますから、落下時などにiPhoneが傷つく事がなく、さらに蓋が付いているのでカバンの中に入れておいても液晶面や背面が傷つかないというメリットがあります。

ですが、どれも似たようなデザインなので少し物足りないと感じませんか?

そんな時はiPhone6 アルミバンパーケースです。

iPhone6 アルミバンパーケースはとても種類が多く、デザインもいろいろです。

みんなと差をつけるのにお勧めのケースです。

iPhone6 アルミバンパーケースの弱点である液晶面、背面の傷つきやすさは保護フィルムで解消することが出来ます。

最近では防弾などのとても丈夫なものも出ています。

そこまでいかなくても、鍵やキーホルダーでは傷つかないほどの保護フィルムも多数出ています。

それを使えば他のケース同様iPhoneを傷付ける事なく使えます。

他に、アルミ製のバンパーの場合電波が弱くなると言われていますが、それはスリットを入れる、他の素材を組み合わせるなど対策済みのバンパーが多いです。

ですので、アルミバンパーを使うことのデメリットはほとんどないと言っても過言ではありません。

他の人と差をつけようと思った場合、デザインの豊富さでアルミバンパーがとてもお勧めです。

ノーブランドのものなどはかなり冒険したデザインのものもありますので、他の人と少しでも差をつけたいと思ったらアルミバンパーを使ってみてください。

20141009_TheEdge-front-black_morita

iPhone6 アルミバンパーケースって、案外カッコよく目立つものが多いというのをご存知でしょうか?

アルミバンパーというと、一般的にはiPhoneの周りを囲っているだけな地味な存在と思われているようですが、良く探してみるとけっこういろいろな種類のアルミバンパーがあります。

人気があるのは手帳タイプのケースや、通常のカバータイプのケースですが、それだとみんなと同じになってしまい案外目立ちません。

そこで、みんなと差をつけるのならiPhone6 アルミバンパーケースです。

iPhone6 アルミバンパーケースでみんなと差を付ける場合、手帳タイプやカバータイプにはないデザインのものを選ぶのが良いと思います。

例えば私がネットショップで見つけたラインストーン バンパーケース(商品番号 DiBu)や、iphone6バンパー ラインストーン アルミバンパー デコ スマホケース(商品コード ip6-602)などです。

ケースにラインストーンというのは比較的よくありますが、ここまで派手にラインストーンが付いているものはそうそうありません。

しかもアルミ素材なのに価格が安いので、いくつか買って気分に合わせて着せ替えたりも出来ます。

周りの人に差をつけようと思ったら、他人と違うものを使うのは基本ですが、アルミバンパーケースは種類も豊富でお勧めです。

20141009_TheEdge-back-silver_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です