iPhone 6 Plus用ケース アルミ の強度について

20141008_TheEdge-main_morita

ケースやバンパーなど、スマートフォンを保護するための周辺機器に採用されることが多い金属としてまず挙げられるのはiPhone 6 Plus アルミですが、多くの方にとってもっとも重要なのは、その強度ではないでしょうか。銀色のスタイルであるためにファッションアイテムとして持ち歩くことも可能ですし、職場に置いていても違和感がありませんが、本来の用途を果たせるか否かこそが大切ですね。順を追って検証していきましょう。

まず、一般的に用いられているiPhone 6 Plus アルミは単一の金属ではなく、銅が加工された合金であるということをご理解ください。これはジェラルミンという名称で呼ばれることが多いですが、貴重品を運ぶバッグや飛行機の壁の材料として有名ですね。これだけでかなりの硬性を持つことが伺い知れますし、実際に落下テストを行ってみても、本体に傷が付いたり、起動しなくなったりといったことはめったにありません。

では、プラスチックや樹脂などの透明なものと比べた際のiPhone 6 Plus アルミの電波の強度についてですが、こちらもまったく問題はありません。素材自体がやや電波を通しにくくなるのは事実ですが、通信機器に用いられるという前提で作られている製品ですから、支障がないように工夫されているのです。

20141009_TheDimple-remover_morita

アルミニウムをはじめとする金属は硬くて強度が高いものだという先入観がありますが、「iPhone 6 Plus アルミ 強度」で検索をかけてみると分かるように、必ずしもそうではないのです。実はiPhone 6 Plusに使用されているアルミニウム合金は比較的軟らかい素材で、Appleは公式には否定していますが、衝撃を加えると曲がったり凹んだりするようで、それを実証した動画もアップされています。デザインに優れたスマホだけに、曲がったり凹んだりさせたくないのが人情です。「iPhone 6 Plus アルミ」で検索をかけるとアルミバンパータイプのケースの通販サイトが多数ヒットするのは、そのためでしょう。

ですが、Apple側も現状を放置しておくつもりはないようです。「iPhone 6 Plus アルミ 強度」で検索をかけてヒットした中には、次期モデルの「iPhone 6s/iPhone 6s Plus」では「7000シリーズ」という強度の高いアルミニウム合金が採用されるという情報を紹介しているサイトもあります。「7000シリーズ」は競輪用の自転車に使われているくらいですから、強度の方は折り紙付きなのですが、問題はこの合金が十分に手に入るかどうかです。iPhone 6/iPhone 6 Plusは人気商品だけに販売数も多く、それだけ多くの合金が必要になりますから、難しいところです。

いずれにしてもiPhone 6/iPhone 6 Plusに傷などつけたくないところです。「iPhone 6 Plus アルミ」で検索してヒットした人気のアルミバンパーを購入して、しっかり守ってあげましょう。

20141009_TheEdge-back-black_morita

iPhone 6 Plus アルミは、それなりに高い強度を持っている場合もありますが、もろいタイプもあるので気を付けてください。メーカーによって、若干ですがアルミの強度が下がっていることがあり、落としてしまうと凹みが出ることもあります。多くのメーカーは、アルミの強度を第一に考えて、落とした時に凹みや傷がつかないようにしています。

しかし、一部のメーカーは、凝った形に作ったことによって、若干ですが強度に難を持っていることがあります。これらのiPhone 6 Plus アルミについては、落とさないように気を付けなければなりません。折角守るために利用しているアルミなのに、落とした時にすぐ駄目になってしまうのは避けたいところです。多くのメーカーは落としても大丈夫なことを確認して、なお且つ色々なテストをして確認をしていますので、安心して利用しても大丈夫です。

場合によっては、iPhone 6 Plus アルミのメーカーを変えることも重要となります。やはり頑丈で使いやすいタイプを利用することが第一であり、その次に見た目をどうするか決めていくことになります。ある程度見た目を考えていくことも大切ですが、一番は落とした時の問題が起こらないように、頑丈なアルミを使うことです。

20140926_TheDimple-Hold

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です