アイホン6アルミバンパー 人気商品紹介

20141010_TheDimple-button_morita

薄くて軽いiPhone6の隅々まで計算されたデザイン性の高さには、誰もがため息を禁じ得ないですよね。出来ることなら無骨なケースに入れずに使いたいところです。とはいうものの全くガードをしないのも、あまりに無防備こんなiPhone6ユーザーのジレンマを解消するために、ケースはバンパーを選ぶ人が増えています。

現在、アイホン6アルミバンパーは色々な商品が出回っており、素晴らしいデザインのものも数多くあります。周りを囲むだけのシンプルさながら、落下の衝撃からシッカリ守ってくれる有難いバンパーなのですが、ここで一つ難点が。それは取り付け作業が結構大変だということ。細かいネジやフレームをたわまないように工具で装着する作業は一苦労で、多くの方がその点について嘆かれています。

そして、そんな状況を踏まえて売り出されたのが、センチュリーのアルミマグネットバンパー for iPhone6。こちらのアイホン6アルミバンパーは、マグネット式。ワンタッチで着脱可能です。使い方はバンパーを開いて、セットして、閉じるだけ。本当に1秒でOK。きっと驚きますよ。

簡便さが受けて、今、数あるアイホン6アルミバンパーの中で人気急上昇中です。あなたもこちらの商品で、着脱時のストレスから解放されてみて下さい。

20141009_TheDimple-back-silver_morita

アイホン6アルミバンパーは、現在最も注目を集めていると言える人気商品です。ですが、日常的に周辺機器の情報を収集している方を除けば、普通のケースとの違いがちょっとわかりづらいのではないでしょうか。どのような特長があってなぜ人気を集めているのか、具体的にどの商品を購入すれば良いのかを紹介しましょう。

アイホン6アルミバンパーの最大の特長は、やはりデザインに象徴されています。旧来のスマートフォン用ケースは本体全てを服のようにカバーしていましたが、この商品は側面の一部分にしか付きませんので、より未来的なスタイリッシュさを備えています。これで本当に機種を守れるのかと疑問に感じる方もいるかもしれませんが、そこは一流メーカーが開発しただけあって、安全を確保できます。インターネット上で壊れた製品の画像をご覧になればわかりますが、破損しやすいのは本体の四隅であり、この箇所を防護することが効率的なのです。

どのようなアイホン6アルミバンパーが人気かと言えば、有名な周辺機器メーカーが製造する、デザインだけでなく機能性も高いものです。工具なしで本体への装着が可能であったり、電波を遮断するおそれがないと保証されている商品などは、売上ランキングの常連となっています。

index

アイホン6アルミバンパーのどれを買ったら良いかわからない、悩んでしまってなかなか決められないという人のために、人気のアイホン6アルミバンパーを紹介します。

まずはDECASE prossimo iPhone 6です。

このアイホン6アルミバンパーの特徴は、2種類の素材でできているところです。

左右がアルミで、上下がポリカーボネートでできています。

これにより通常のアルミだけのバンパーとどこが違うかというと、電波が掴みやすくなります。

アルミのみのバンパーは、多少電波が弱くなるのですが、このバンパーはiPhoneのアンテナ部分がポリカーボネートになっていますので電波干渉を起こし難くなっています。

電波が多少でも弱くなるのは嫌だという人にお勧めのバンパーです。

次はBricWave Extremeです。

このバンパーが他のバンパーと違うところは耐衝撃性です。

まずバンパー部分は、アルミと熱可塑性エラストマーの2重構造です。

これにより、外側は硬いアルミで守り、内側は柔らかい熱可塑性エラストマーでiPhoneを守ります。

落下時などに衝撃を分散吸収させますので、万が一の時も安心です。

さらに、保護フィルムが防弾使用です。

ピストルの弾を防げる保護フィルムですので、わざと割ろうと思わないかぎり通常使用では割れる事はない(iPhone本体のガラスは別です)と思います。

どちらのバンパーもとても人気のあるバンパーです。

どちらを選んでも満足できるとは思いますが、自分が何を一番重視しているか考えてから決めると、より満足できると思います。

imagves

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です