iPhoneカバー オリジナリティ を出すにはどうすればいい?

03

iPhoneカバー オリジナルを作るためには、まずデザインを決定する必要があります。デザインを作らないと、オリジナルのカバーを作るために、何を印刷すればいいのか指定ができません。デザインの作成を行ったうえで、印刷会社かカバーを作ってくれる業者に依頼を出します。そのデザインをプリントして欲しいと指定すれば、オリジナルのカバーを大量に作ることができます。

カバーを大量に作ることが出来る業者を利用することも、また重要な部分になります。大量に作ることができず、対応することが困難だと言われてしまうと、オリジナルのカバーを配布することが難しいからです。iPhoneカバー オリジナルを大量に作ってもらえる業者を探しておくことは、確実にいいカバーを手に入れるために必要なことですので、色々なカバーデザインを検討したうえで、業者に依頼を出してください。

iPhoneカバー オリジナルを作成するためには、デザインを作成した後、プリントをしてくれる業者に依頼することとなります。1つ作るのに若干お金がかかりますので、大量に発注した方が安く抑えられることが多いです。大量に作らずに、試作で幾つか作るということなら、数を指定してプリントして貰えばいいだけです。

kinta_packageimage

信頼できる企業の商品を安価に入手できるという点から、既製品には多くのメリットがありますが、服を自分で仕立てたり、料理を作ったりするように、iPhoneカバー オリジナルを出したいというニーズもあるでしょう。一見すると難しそうですが、実は、インターネット上のサービスを利用することで、数千円程度で作ることができてしまうんです。

その方法としては、まず3Dプリンターを使うことが挙げられます。かなり安くなってきたとはいえ良い値段がしますし、家庭に置くには大きいですが、ネットでレンタルすることでiPhoneカバー オリジナルを作ってくれるサービスもあります。もう一種類は、絵や写真などの画像をアップロードすることで、それをプリントした完成品を自宅まで送ってくれるというものです。いずれも、市販の商品ほど安くはありませんが、個人の方にとってもお手頃な料金です。

ただし、iPhoneカバー オリジナルであるからには、その素材が必要となります。絵がお得意な方であればご自分で描いたイラストを使うことができますし、写真撮影がお好きであれば、風景を印刷することもできます。そのほかにも、画面上に表示されるフリーの素材を選ぶだけで完成させられるサイトもありますから、状況に応じて使い分けてください。

04

企業のノベルティや大学のサークルなどの記念品としては、シャツやマグカップといったものが定番です。これは、無地のものが売られており、簡単に絵を付けることができるという理由によると考えられます。現在であれば、iPhoneカバー オリジナルで出して配布したいとお思いの方も多いのではないでしょうか。その方法について説明していきます。

まずは、何も描かれていない真っ白な商品をホームセンターやネットショップで購入し、手作業で色付けを行うという手段です。手間はかかりますが、少量であればコストを抑えられますし、このようにして作成したiPhoneカバー オリジナルならではの温かみと手作り感があります。社内やサークル内に絵心がある方がいらっしゃる場合は、特におすすめしたい手法です。

数十個から百個程度ではなく、もっと大量に生産して配りたい、あるいはiPhoneカバー オリジナルを販売したいとお考えの場合は、専門の業者に依頼することが早道と言えます。オンラインで画像データの入稿を行うことで商品の発注を行えるビジネスが存在していますので、検討する価値があります。より大量に製造を行いたいのであれば、簡易サービスではなく、周辺機器メーカーやデザイナーに相談することも選択肢に加えてください。

01+

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です