iPhone6 カバー&ケース おすすめ商品紹介

20141112_TheSlit03_morita

その薄さに世界が衝撃を受けたiPhone6ですが、あまりに繊細な姿に落下したら壊れるのではと不安を感じている方も多いと思います。また薄すぎてかえって持ちづらいという感想を抱く方も、チラホラいるようですね。

でも繊細なフォルムを楽しみつつ、万が一に備えしっかりガードしたいという欲求を満たしてくれるiPhone6カバーケースは、なかなか見つからないのが現状です。

でも安心して。ここで紹介するiAMK Finger Ring Bumper Case 落下防止リング付きケース for iPhone 6なら、iPhone6ユーザーの欲求をすべて満たしてくれるはずです。

iAMK Finger Ring Bumper Caseとは、一見バンパーっぽいネーミングですが、こちらは背面にもカバーが付いているiPhone6カバーケースタイプとなります。そして何よりも優れている点は、その背面カバーにフィンガーリングが装備されていること。単体で売られているフィンガーリングは良く見かけますが、カバーと一体化したものは案外少ないです。フィンガーリングは単体で装着すると、机の上に平らに置けないのが悩ましいところなのですが、こちらは背面にスッキリ収納されるため使い勝手が大変良くなっています。

安全と使い勝手の良さを体現したiPhone6カバーケースの決定版として、これから長く愛用できること間違いありません。

20141112_TheSlit04_morita

iPhone6カバーケースはこの機種を愛用する方であればどなたにでもおすすめできる商品ですが、その魅力ゆえに多種多様な製品が各社から販売されていますから、ある程度はご自身のニーズを把握していただく必要があります。つまり、何が何でも本体を保護したいのか、それとも話のタネにするために個性的な外観のものがほしいのか、アクセサリーのように身に着けられる上質なデザインのものが良いかという事です。ここでは主に、保護性能の高さを中心に考察していきます。

どのようなiPhone6カバーケースがよりよく本体を守ってくれるかは、常識の通りです。自動車やビルなどに使われていることからわかるように、金属製のものこそ高性能と言えます。これがシルバーやゴールド、あるいはプラチナなどのブランドものであれば、先ほど言及した上質さも同時に満たすことができます。変り種としては、木材を伝統的な工法で加工した製品も存在しますから、お求めになれば防御力と話題を同時に入手できます。

では、お値打ち価格でiPhone6カバーケースを守りたいという方はどうすれば良いかですが、ゴムのように柔らかい製品がおすすめです。今までご紹介してきた硬度があるものとは違い、衝撃を防ぐのではなく、吸収するといった性質のものですが、本体を大切にできることに変わりはないのです。

20141111_TheEdge-gold-main_morita

iPhone6カバーケース」で検索をかけると、通販サイトやショッピングモールサイトでケースの人気ランキングを紹介しているページがヒットします。ただ、iPhone6が人気商品だけに、商品の種類が多すぎてランキングの中からどれを選んだらいいか困ってしまいます。ここでは「iPhone6カバーケース」で検索をかけてヒットしたランキングページから、目についた商品を紹介していきます。

カバーケースといえばカード入れとしても使用できる手帳型が主流なのですが、比較的安価な商品と、ブランド品など高額商品と二極分化しているようです。

大手ショッピングモールサイトを見ると、1000円を切るような比較的安価なものだと「Teddy Shop」や「KOBE OCEAN」がランキング上位になっています。ピンクや赤といったカワイイ系のカラーバリエーションを用意しているTeddy Shop、格子模様の比較的落ち着いたデザインのKOBE OCEANと若干デザインの傾向に違いはありますが、いずれも実用性重視です。この価格なら満足できそうです。

一方、比較的高価なものでランキング上位にリストアップされているのはブランド品。ルイ・ヴィトンやエルメス、シャネルあたりの売れ行きがいいようです。実用性もさることながら高価なだけに良い革を使っており、傷や衝撃からiPhone6を守ってくれそうです。

あなたも「iPhone6カバーケース」で検索して、人気商品を調べてみませんか?

20141107_TheSlit-gold_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です