iPhone6 Plus アルミ の強度について

not_category_08-1024x1024

iPhone6 Plus アルミが合金でできていることをご存じの方は多いですが、その強度が保護性能を満たすことができているか否か、わかりかねている場合もあるはずですね。この際に重要と言えるのは、物体が受ける衝撃は条件によりさまざまに変化するため、一概に性能を判断するのは難しいということです。よって、シチュエーションを想定しなければなりません。

まず、iPhone6 Plus アルミを本体に装着せずに単体で床に置き、実験を行いました。この状態で平均的な体格の成人男性が踏みつけてみたところ、割れることこそありませんでしたが、いくらか歪んでしまいました。ですが、これは想定された使い方ではありませんし、金属の板なのですから、変形するのは当然と言えます。これだけで強度不足と指摘することは適切ではありません。

次に、本体とほぼ同じ大きさと重量であるダミーをiPhone6 Plus アルミに装着して、同じように踏んでみましょう。すると、ただ汚れるだけで済み、変形はしないことが確認できます。つまり、商品単体ではなく、機種と一体化させることにより、物理の働きにより高い強度を得られるのです。もう一点重要であるのは、日常生活における落下などの衝撃は一瞬であり、数秒間力を加えつづけるよりも弱いということです。よって、この商品はよほど特殊な状況下でない限り、十分な耐久性を備えていると言えます。

02-1

iPhone6 Plus アルミバンパーがとても人気です。

アルミの独特の質感や、シンプルでクールなデザインがとても魅力的なので人気なのもわかります。

ですが、iPhone6 Plus アルミバンパーはその形状からどうしても強度が心配になってきます。

iPhone6 Plusが大きく、それに合わせて作られたiPhone6 Plus アルミバンパーはどうしても大きく細長くなってしまいます。

では、そのアルミの強度はどうなのかというと、案外弱くもあり強くもあるといった感じです。

アルミバンパーをiPhone6 Plusに着けないで、そのまま手で折り曲げようと思った場合、けっこう簡単に曲がります。

scene2-solo-2x

「iPhone6 Plus アルミ 曲がる」で検索をかけると、気になる情報がヒットします。iPhone 6 Plusに使用されているアルミ素材の強度が高くないため、曲がったり凹んだりしてしまうことがあるということです。実際、海外ではそれを実証した動画がアップされているようです。ただ、Appleはこれについては否定していますし、海外の消費者団体のテストだとスチールフレームのものには劣るものの、実用上問題のない強度を確保していることも分かっています。

こうした情報があることを踏まえて、Appleは次のiPhone 6sから自転車のフレームなどに使われる強度の高いアルミ素材「7000シリーズ」を採用するのではないかといわれていますが、人気商品だけに素材を潤沢にそろえられるかどうかは未知数です。

いずれにしても、iPhone 6 Plusが曲がったり、凹んだり、傷がついたりしてほしくないですよね。そういうときには「iPhone6 Plus アルミ」で検索をかけてみてください。iPhone 6 Plusを守ってくれるアルミバンパータイプのケースの通販ショップが多数ヒットします。アルミの色を生かしたシンプルなものやカラーバリエーションが豊富なもの、凝った装飾があるものなどバラエティー豊かです。

あなたのiPhone 6 Plusを守るためにも「iPhone6 Plus アルミ」で検索をかけてみましょう。

SQUAIRDuralumin1

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です