iPhone 6 Plus バンパー でiPhoneを守ろう!

20141111_TheEdge-gold-main_morita

iPhone 6 Plus バンパーはすでに取り付けていますか?

バンパーを取り付けると、大切なiphoe6 plusを確実に保護できます。

スマホを思わず落としてしまって、壊れて修理に出した経験はありますか。

精密機械であるだけに、強い衝撃は避けて行きたいですが、どうしても落としてしまう危険があります。

iPhone 6 Plus バンパーを取り付けていれば、壊れる心配を無くすことが出来ます。

取り付けているのといないのでは、壊れる確率は大幅に違ってきます。

バンパー装着した時に、見た目を損なうようなことはありません。

むしろバンパーを取り付けたら、スマホがかっこよく見えるという効果もあります。

iPhone 6 Plus バンパーは、アルミニウム製やTPU製などが出ています。

軽量で薄型であるから、使用するときに邪魔になることもありません。

ボタンの操作がしやすいように、iphone6 plusの形状に合わせて作られています。

バンパーの値段も3000円以下のものが多いので、購入は楽に出来ると思います。

選ぶときのコツは、自分のiphone6 plusの色に合うものを選ぶことです。

そしてインターネットで評判の高いものを選ぶと、ハズレがないでしょう。

したがってインターネットの通販を利用して、バンパーを購入するのがお勧めになります。

20141010_TheEdge-button_morita

iphone 6 plusは大きな画面がなによりの魅力なのですが、同時に落下させてしまったときにスクリーンがどうしても割れやすいというデメリットがあります。スタイル重視でなんのカバーも付けないでいるといつか落としてしまう危険があるものです。そのための保護としてできるのがiPhone 6 Plus バンパーであり、iphoneをプロテクトしたいものです。

iPhone 6 Plus バンパーとしておすすめなのが「EDGE LINE」であり、落下時にもガラス面をも保護可能な「インナーダンパー」を採用しているのがなによりの魅力なのです。バンパーはどうしても側面には強いのですが、スクリーンの保護まではなかなかできないものが多い中で、この「EDGE LINE」はその面でのプロテクトにこだわった製品となっているのです。またこの商品はオプションパーツがあり、自分好みにできるというのも魅力の1つとなっているのです。

これまでiPhone 6 Plus バンパーは確かにスタイル重視でクールさが大きな人気なのですが、どうしても落下時の衝撃という面では弱さが目立ってしまう部分もありましたが、この「EDGE LINE」はかっこよさを維持しながらガラス面の保護にもなるという両方を得られるということでとても信頼できるものとなっているのです。

20141009_TheEdge-front-black_morita

iPhone6までシリーズが進み、最初の頃と比べてもかなり軽量化も進んできましたが、元からある程度の衝撃に耐え得るだけの設計がされているとはいえ、それでも衝撃による破壊の心配がゼロになった訳ではありません。

とくにiPhoneのようなスマートホンの中には大切なデータが入っている可能性も高く、どこにでも持ち運んでいくシチュエーションが考えられるため、万が一の時に備えて衝撃に関しては万全の対策をしておきたい所です。

しかし一方でiPhoneの持つ快適な操作性を阻害してしまうと、折角の使い勝手が台無しになってしまいますから、iPhoneを外の衝撃から守りつつiPhoneの機能も十分に活かせるような物を装着する必要があることを考えると、iPhone 6 Plus バンパーを使うのが一番ピッタリだと言えるでしょう。

iPhone 6 Plus バンパーはiPhone 6 Plus専用に作られているだけあって、主要なボタンやカメラの位置などを徹底的に計算して作られていますから、iPhone 6 Plus使っていく上でストレスを感じる事無く本体を衝撃から守ることが出来ます。

また様々なブランドによって見た目も色々なiPhone 6 Plus バンパーが発売されているので、デザイン的にも自分の好みの物を選ぶことが出来るでしょう。

20141009_TheEdge-front-gold_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です