iPhone 6 アルミケース を装着してiPhoneを守ろう

20141107_TheSlit-silver_morita

金属素材のケースのメリットは、見た目の高級感と頑丈さです。iPhone6 アルミケースも削り出しで作られたものは質感が最高ですし、また、TPU素材やシリコン等に比べると素材劣化がとても少ないのが特徴です。そしてとても軽いことが上げられます。ソフト素材のような本体とのダブつきもありません。

iPhone6 アルミケースは本体をスマートに見せてくれるので、最近では金属素材のケースを愛用しているかたがとても増えてきました。ケースの存在に期待することの第一は、iPhoneを衝撃から守ることです。金属素材だけあってその硬さは優秀ですし、販売されている製品も概ね高い評価を得ています。その上日常的に持ち歩く上で重要になる軽さも満足の行くものですし、選ばない手はありません。

iPhone6 アルミケースで心配されるのが、金属素材の宿命でもある電波障害の発生です。アルミは僅かですが電波に干渉する性質があります。ですがその点を考慮してきちんと対策がされているケースもたくさん出ていますので、そういったものを選んで購入するといいでしょう。シリコンケース、ハードケースが主流ですが、その中でアルミケースのよさに気がついているかたはいち早く取り入れています。他のかたとも差別化できるアルミケースでiPhone6を保護しましょう。

20141107_TheSlit-gold_morita

iPhone6 アルミケースを装着することでさまざまなことからiPhoneを守ることが出来ます。

まずは細かい傷です。

iPhoneをケースを着けずに使っていると、机の上に溜まった砂埃などで細かい傷がたくさん付くことがあります。

床の上なども同じです。

iPhone6 アルミケースを着けていれば、そういったことからiPhoneを守ります。

合わせて液晶面に保護フィルムを貼っていれば、砂埃などからの細かい傷はほぼ100%防げると思います。

iPhone6 アルミケースが守ってくれるのはそれだけではありません。

案外多い「衝撃」からもiPhoneを守ってくれます。

衝撃の代表といえば落下です。

iPhoneを落としてしまって、ドキドキしながら拾い上げた人は多いと思います。

そんな時、きちんとアルミケースを着けていればかなり衝撃を吸収してくれます。

その度合いにもよりますが、iPhoneが無事な確率は飛躍的に上がると思います。

また、落下ではなくぶつけてしまう時もあります。

手に持って歩いている時に、壁などにぶつけるパターンです。

これは案外多く、電信柱や壁などに勢いよくiPhoneの角をぶつけてしまうと、かなりの確立で液晶面が割れてしまいます。

そんな時もアルミケースをきちんと着けていれば、ケースが衝撃を吸収してくれてiPhoneは無傷なんてことも多くあります。

ですので、余程のこだわりがないかぎり、すぐにでもアルミケースを着けてiPhoneを守る事をお勧めします。

20141112_TheSlit02_morita

薄くて軽やかなフォルムが持ち味のiPhone6は、現代のマテリアルデザインの最先端を行く製品であります。誰もが発売当初、洗練されたその姿に、最先端どころか未来を感じたことと思われます。

そんなiPhone6のデザインの美しさを味わうために、ケースに入れずに使っている方も多いです。確かにリンゴのマークのキュートさや、背面の手触りの良さを考えれば、そういった選択にも一理あると感じます。

しかし世間とは広いものです。iPhone6の姿にインスパイアされたデザイナーたちが生み出した数々の美しいケースが、今、続々と世の中に送り出されています。

中でもiPhone6 アルミケースには、秀逸なデザインが多く見受けられます。丈夫で軽やか、美しい光沢を備えるアルミから生み出されるデザインは、どれもが金属ならではのシャープさと同時に、優美なうねりを持ち合わせています。iPhone6 アルミケースを装着した方が、かえってApple社の理念を体現できる——そう感じさせる力が、それらのケースにはあります。

衝撃の強さには定評があるiPhone6ですが、落下時のことを考えれば、やはりケースを装着するに越したことはありません。そしてiPhone6 アルミケースなら、あなたのiPhone6に美しさに加え強さを与えてくれること間違いありません。

20141107_TheSlit-black_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です