iPhone6 plus のガラス 面を守るにはどうすればいい?

20141009_TheDimple-Front-silver_morita

iPhone6 plus ガラス 面の特徴として、外部からの刺激に非常にデリケートであるという特徴があります。これはiPhone6 plus ガラス に限ったことではなく、軽量化と操作性を追求して作られたiPhoneという機器の、避けられない弊害と言えるものです。

そんな傷つきやすく割れやすいiPhone6 plus ガラス 面を守る製品として、存在しているのが強化ガラスです。

強化ガラスといっても、見かけ質感共に違和感を覚える厚みはないので、液晶保護シートと同じように装着することが可能です。その上で些細な接触による破損だけではなく、落とす踏むといった大きなトラブルからも、iPhoneを守れるのが強化ガラスのメリットです。

強化ガラスには異なる厚みに大きさのものが揃っているので、自分のiPhoneやケースに合わせた使い方ができます。

例えばバンパータイプのケースを利用している人は、角まで覆える強化ガラスを装着すると、ガラス面のみならず表面全体の保護が行えて便利だというようにです。それとは別に角にかかるような革のカバーを使用しているという場合には、厚みの少ないフラットなタイプの強化ガラスを使えば、カバーとガラスとの接触をなくしはがれにくくなります。

強化ガラスでガラス面の防護を行なえば、必要以上に傷や破損を気にすることなく、快適にiPhoneを携帯し生活することができるでしょう。

20141009_TheDimple-Front-gold_morita

iPhone6の画面のガラスは傷には強いのですが衝撃には弱く、画面の破損が故障の一番の原因になっています。特にサイズが大きくなったiPhone6 plus ガラス面は破損の危険に晒されやすいので、きちんと保護する必要があります。

画面を傷つけたり割ってしまう主な原因は、手からすべり落としてしまうことです。落下させた衝撃でガラス部分が損傷してしまうことが多いので、しっかりとケースやバンパーで本体を保護する必要があります。iPhone6 plus ガラス保護はもちろん保護フィルムや強化ガラスを貼りつけることが一番ですが、同じくらい側面の保護も重要なのです。側面部分は受けた衝撃がガラス面にも影響を与えます。お勧めは硬い金属バンパーを取り付けて、画面への衝撃を和らげることです。

女性が気をつけたいのは、カバンからの落下です。iPhone6 plusはサイズが大きいので女性の手には少し扱いづらいところもあります。取り出そうとしたときに落としてしまうことが多いので、落下防止アクセサリーをつけておくと安心でしょう。

万が一基盤にまで損傷が及んでしまうと、修理不可になってしまうこともあります。iPhone6 plus ガラスを保護することは、大切な本体の一番重要な部分を守ることになるのです。

20141009_TheDimple-Front-black_morita

iPhoneのようなスマートフォンの外観を守るためにバンパーやケースを使用される方が多いですが、金属部分の保護は出来ても液晶画面となるとそうは行きません。iPhone6 plus ガラス面を守るためには保護シートを貼り付けることが必須で、それも保護性能の高い強化ガラスを使用した保護シートの方が傷のつく確率がグンと低くなります。

iPhone6 plus ガラス面保護用の強化ガラスの中でもフッ素加工されているものがおすすめで、スワイプやフリックを行なった時に滑りやすくなっていますので、ストレスを感じずに操作できて画面保護の能力も高いと言う事なしなんです。ただし強化ガラスシートは厚みが普通のシートより当然ありますので、バンパーの形状によっては貼れなかったりすることもありますので気を付けておきましょう。

最近ではiPhone6 plus ガラス保護シートの技術革新もかなり進んで、強化ガラスシートでありながら極薄タイプなんて商品も出てきていますので、バンパーやケースに合わないようでしたら薄いガラスシートを推奨したいです。

強化ガラスシートは貼りやすさに関しても普通のシートより楽で、気泡が入ることがあまり無いですから簡単に取り付けられるという点でもおすすめなんです。

20141010_TheDimple-button_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です