スマートフォン用 アルミバンパー 素材 について

20141008_TheDimple04_morita

iPhone6 Plus アルミバンパー 素材を選ぶ時に注意しておきたいポイントについて、いくつか説明があります。

そう、例えばiPhone6 Plus アルミバンパー 素材はアルミのものが多いのは当然です。

しかし、このアルミというのが、少し厄介な性質を持ち合わせていて、iPhoneの要である電波に干渉してしまい、通信速度が落ちてしまったり、最悪の場合通信できなくなったりします。

iPhone6 Plus アルミバンパー 素材の中には、電波干渉を避けているものもあり、それが木材や革素材といった、金属感の薄いものたちなのですが、これらはアルミと比べると触りごことがまったく変わってしまうので、純粋に金属がいいという場合は、あまり向かない素材なのです。

そういえば、もうひとつ電波干渉に置いて注意しておきたいことがあり、よくアルミと混ぜてカーボン素材というものが使われるのですが、このカーボン素材というのも電波干渉をおこし、通信を妨害することがあります。

ガラスなどの素材でも、電波干渉は回避できるのですが、その場合は強度の方が落ちてしまうということで、落としどころがなかなか見つからない状態で、今も研究が続いているのです。

最近では、ジュラルミンという旅客機で使われている素材が使われることもあります。

20141008_TheDimple-silver01_morita

iPhone6 Plus アルミバンパー 素材になっているアルミは、純アルミではなく何らかの他の材質が混ざっているアルミ合金です。強度があって軽量であることが大きなメリットであり、素材が変化しにくく腐食がしにくいため、長持ちするという点でも優秀な素材です。ですので数多くのiPhone用のバンパーやケースに使用されています。

アルミの第一に特性であるその軽さはiPhone6 Plus アルミバンパー 素材にするにはとても適しており、本体の軽さを損なわず、なおかつその強度でしっかりと本体を保護する丈夫さがあり、バンパーのニーズにマッチしています。また、強度の面では同じくアルミ合金の一種であるジュラルミンや超々ジュラルミンといった特化された素材もあり、高級バンパーとして他より一つ上を行くものが作られています。

アルミは軽くて強く、そして加工がしやすいということでバンパーにはぴったりです。その見た目もiPhone6 Plus アルミバンパー 素材は本体を彩るのに相応しい質感です。若干電波干渉に対する問題がありますが、ほとんどのバンパーはきちんと対策がなされており、バンパー自体の安定性から多くの人に選ばれています。装着することで本体保護を強固に出来るアルミ素材のバンパーは、とても優秀です。

20141008_TheEdge-gold01_morita

一口にスマートフォンを保護するアルミバンパーと言っても素材が何種類かあり、それぞれ強度などが違っていますので、ニーズに応じて購入することが大事なんです。iPhone6 Plus アルミバンパー 素材で一般的なのが普通のアルミ合金製のものですが、とても安価に購入できてそれなりに強度がありますので、普段使いでの傷を防止するのでしたらコレで十分機能を果たしてくれると思います。アルミバンパーの中でも一番販売数が多くて、普通アルミバンパーと言ったらこのタイプを指すことが多いのではないでしょうか。

iPhone6 Plus アルミバンパー 素材でジュラルミンというアルミ合金が用いられることがありますが、ジュラルミンケースや他の工業製品等でよく使用されていることがあり、普通のアルミニウムより強度が高いというメリットがあります。このジュラルミンにもランクというか加工の違いによって区別されており、超ジュラルミンや超々ジュラルミンといった特殊なアルミ合金で作られたバンパーも販売されています。一般に超々ジュラルミンが最も硬く保護性能が高いとされており、その反面素材のコストや削り出しの技術などで価格が高いという特徴もあります。

iPhone6 Plus アルミバンパー 素材を知れば保護力も分かりますので、購入前にはどんなアルミ素材が使われているのかをチェックしておきましょう。

20141008_TheEdge-main_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です