iPhone6 Plus アルミバンパー おしゃれ な商品紹介

20141111_TheEdge-gold-main_morita

今回クリスタルアーマー社から発売となった、iPhone6 Plus アルミバンパー おしゃれな商品があります。

とくにシックなおちついたデザインが好きな人にはたまらない、iPhone6 Plus アルミバンパー おしゃれなものです。

商品名はメタルバンパーというシンプルなものですが、製品特徴はとても複雑、というよりたくさんあって機能性に優れていて、なおiPhone6 Plus アルミバンパー おしゃれというのだから、非の打ちどころがありません。

デザインは本当にシンプルで、上下左右全て対照的な、完全なシンメトリーというやつです。

しかし、シンプルながらも持ち心地はしっかりと確保しており、持った瞬間手に張り付くようなフィット感は、一度持ってしまえば、忘れることはできないでしょう。さらに、クリスタルアーマー社の製品であれば互換性があるので、どの強化ガラスでも装着することで出来てしまいます。アルミバンパーでありながら、ネジが不要ということもあり、その独自の装着方法はデザインと同じく、どこまでいってもシンプルなのです。

アルミバンパーは背後が守れないから嫌だっていう意見もあるのですが、クリスタルアーマー社はそこも見逃しません。

しっかりと、別売りの背面アーマーを装着できます。

20141111_TheDimple-gold-main_morita

男であっても、女であっても、せっかく日ごろ持ち歩く携帯電話に装着するカバーであれば、やっぱりiPhone6 Plus アルミバンパー おしゃれな方がいいと思います。これは老若男女同じ考えでしょう。

でもオシャレなんて言うのは、人それぞれで、答えがないものの代表みたいなもの。ですので、ここでは個人的にiPhone6 Plus アルミバンパー おしゃれな商品を紹介して、みなさんに少しでも気に入ってもらえたらなと考えています。

では、紹介していきましょう。

クリスタルアーマーのメタルバンパーです。これはドライバーなどの工具を不要としていて、装着も超簡単なネジ不要アルミバンパーケースなのです。

iPhone6 Plus アルミバンパー おしゃれポイントとして、ネジがないというのは、なかなかに好感触でしょう。ネジのでっぱりは、なんとなく機械的なイメージを彷彿とさせ、機械オタクやちょっとマニアックな人にはたまらないのですが、やっぱり一般的な視点で見てみると、ネジがないほうがおしゃれに見えます。

このケースにはもひとつオシャレポイントがあって、バックプロテクターを好きに付け替えて着飾っちゃえるのです。側面は青いのに、背面は赤なんていうビビットなカラーで統一したiPhoneもたまにはいいものです。

20141009_TheEdge-front-gold_morita

一回り大きくタブレットとしても使えるiPhone6 Plusですが、片手で操作する際の落下を心配する向きも多いですよね。少しでも操作性良く使いたいという思いを受けて、iPhone6 Plus愛用者の間では、ケースはバンパーを選ぶ人が増えています。バンパーの周囲を取り囲むだけのシンプルな作りは、装着後の大きさや重さを気にせず使えるため、iPhone6 Plusの大きさを気にする人たちの支持を集めたと考えられます。

人気の高まりと共に、iPhone6 Plus アルミバンパー おしゃれな商品が増えています。最近のイチオシはこれ、ギルドデザインのSolid Bumper for iPhone6Plus (EVANGELION Limited)です。高い技術力を背景に流麗なデザインで定評があるギルドデザインが、エヴァンゲリオン新劇場版公式プロジェクト「RADIO EVA」とのコラボレーションモデルとして出したバンパーです。

今やサブカルの古典的名作となったエヴァンゲリオンのファンにとっても嬉しい商品ですが、アニメを知らない方にとっても、iPhone6 Plus アルミバンパー おしゃれな商品として普通に楽しめます。例えば表と裏で違うカラーのフレームやネジの微妙な色加減、いかにも持ちやすそうなフォルムと何もかもが完璧です。

これを装着していればiPhone6 Plus アルミバンパー おしゃれさんとして、周りから一目置かれること必須です。

20141009_TheDimple-back-gold_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です