iPhone6 Plus 用の アルミバンパー ケース それを選んだらいいの?

20141009_TheDimple-back-gold_morita

iPhone6 Plus アルミバンパー ケース どっちがいいの?

iPhone6 Plus アルミバンパー ケース どっちがいいのでしょうかという話をよく聞きます。もちろん、結局は実際に使用する人の好みということになるとは思いのですが、個人的な意見として言わせていただけるとすれば、アルミバンパーの方をおすすめします。

どうしても迷って決められないというのであれは、iPhone6 Plus アルミバンパー ケースのどちらも使用してみると自分にはどちらが向いているのかということや、自分はこちらの方が使いやすいということがわかるのでよいですよ。お友達や周りの知り合いの方で使用している人に借りることができるのでしたら、一度そうしてみるといいかもしれません。

しかし、一般的なポイントとしては、iPhone6 Plusは大きいという特徴があります。もともと大きいサイズであるiPhone6 Plusにケースを装着すると、さらに大きくなって持ちにくくなる人がいるのです。薄くて丈夫なアルミ素材のケースだとしても、ケースの場合は大きくなることが避けられません。アルミバンパーも大きくはなりますが、サイド部分だけなのでケースほどではないはずです。背面ということを考えるとケースがいいようにも思いますが、背面保護シートなどを使えばアルミバンパーでも背面を守ることもできます。

20141009_TheEdge-front-black_morita

iPhone6 Plus アルミバンパー ケースはどっち派?

iPhone6 Plus アルミバンパー ケースには2種類あって、片方は純粋にアルミ素材だけで作られているバンパーケースで、もう片方というのがアルミ素材に他の素材が混ざっている、最近話題のハイブリッドケースというやつです。

しかし、この2つってどっちがいいのでしょうか、それにはiPhone6 Plus アルミバンパー ケースの各メリットを見ていく必要があるでしょう。

純粋なアルミバンパーケースのメリット

こちらのメリットは、なんといってもハイブリッドと比べると安いというところでしょう。

ハイブリッドのケースというのは、どうしても2種類以上の素材が使われているために割高になってしまいます。

それに比べて、アルミだけで作られているケースは安く設定されているのです。

ハイブリッドアルミバンパーケースのメリット

こちらのメリットは、とにかく頑丈、何故ならハイブリッドにしている意味というのは頑丈さをつけるためだからです。

2種の混合によって作られているケースはとても頑丈な上に、軽いというものまであります。

このように、2つのバンパーケースには各々特徴があるので、どちらを買うかは予算と利用方法にゆだねてみるといいでしょう。

20141009_TheDimple-Front-gold_morita

大切なiPhone6 Plusを守る際に必須になるのがケースやバンパーの存在です。しかし、実際にどちらを使おうか悩んでいるかたも多いでしょう。iPhone6 Plus アルミバンパー ケースにはどちらにもメリットがあります。ライフスタイルに合わせて自分にぴったりのものをチョイスするのがいいでしょう。

iPhone6 Plusは本体がこれまでよりも大きくなったことで、手の小さな女性などはうっかり滑り落としてしまいやすくなりました。iPhone6 Plus アルミバンパー ケースのどちらにしても、手にしっかりとフィットするものが望ましいでしょう。しかし、ケースよりもアルミバンパーのほうが作りが立体的で持ちやすいのがメリットです。落としにくくなるということは、落下による衝撃で故障を防ぐことが出来るということです。

背面をがっちり保護できるケースは衝撃に強く、万が一のときに安心ですが、落としてしまうことで傷つきやすいのがサイドのコーティングと前面のガラスの破損です。アルミバンパーでしたらサイドを強固にしてくれるので、側面の衝撃から割れてしまいやすい前面のガラスも保護することが出来ます。しかし、むき出しになってしまう背面部分が頼りなく感じるかたもいるでしょう。

iPhone6 Plus アルミバンパー ケースはそれぞれにメリットがあります。中には背面ケース付きのアルミバンパーというものも販売されていますので、評価や口コミなどで使用感を確認してみるのも参考になるでしょう。

20141009_TheEdge-back-black_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です