iPhone6 Plus アルミバンパー 傷からiPhoneを守ろう!

20141009_TheEdge-back-silver_morita

iPhone6 Plus アルミバンパー 傷から守ることができるため、装着しているという人も多いでしょう。

たとえばアルミバンパーを装着していない状態でiPhone6plusを落下させてしまうと、おそらく側面部分から落下していきます。確かに画面から落下して、画面がぐしゃぐしゃになってしまうよりはましかもしれませんが、iPhoneの側面部分というのは、とても傷がつきやすくできており、落下させてコンクリや砂利にいってしまうと、高い確率でへこんでしまいます。

一度へこんでしまうと、iPhone6 Plus アルミバンパー 傷から守るものをつけることも難しい場合があります。

というのもiPhone6 Plus アルミバンパー 傷から守るものは、結構シビアな装着具合で、少し形が変わってしまうと上手くつかない場合があるのです。

もちろん出っ張った部分を削ればいいのですが、そうなる前にもアルミバンパーをつけておけば、その手間を防ぐことができます。

アルミバンパーを装着しておけば、よっぽどのことがない限りは、アルミバンパーが壊れたりへこんだりすることはなく、本体を傷から守ってくれるのです。

問題は安いケースだと、やはり素材もチープなものを使っている可能性が高いので、高いものを選んでおくと傷がつきにくいでしょう。

index

iPhone6 Plus アルミバンパー 傷からiPhoneを守ろう!

iPhone6 Plus アルミバンパー 傷がつくことが心配なのは、背面だと思います。液晶面には液晶保護フィルムを貼ることができますが、背面保護フィルムはパンパーケースと一緒に使用することができないというタイプも多く、どうしたらいいのかと困っている人も少なくありません。iPhone6 Plus アルミバンパー 傷からiPhoneを守るには、背面を保護するシートやクリアケースとセットになっているアルミバンパーを使うという方法もありますが、この「iphone6 6plus アルミ バンパー レザー 背面バリア ケース タイプA 4色 黒 白 ピンク 茶  アイフォン6 6プラス スマホ 携帯 カバー  (目印に便利、「ホナまたステッカー」付き)[ケンコバハンズ]」などを使ってみてはいかがでしょうか。アルミバンパーとレザー背面バリアケースがセットになっている製品なのです。

パッと見はアルミバンパーだと思う人はいないと思います。手帳型のレザーケースかと思う人がほとんどかもしれません。ところがアルミバンパーなのですよね。このようなタイプなので、アルミバンパーの良い部分とレザーカバーやレザーケースの良い部分を合わせ持った便利な商品ということになります。また、両方が持つ不満点を補うことにもなっているので、イイトコどりをしてiphoneを傷から守ることができるわけです。

02-1

iPhone6 Plus アルミバンパー 傷からiPhoneを守ろう!

iPhone6 Plus アルミバンパー 傷がつくとしたら前面と後面ということになるでしょうか。アルミバンパーをつけていれば、側面につく傷は防ぐことができるはずです。また、内側にも衝撃緩衝材が使われているアルミバンパーが増えてきていますから、iPhone6 Plus アルミバンパー 傷をつけることはないと思われます。

液晶保護フィルムと背面保護フィルムをつけることで、全面を完全に保護することができ、傷から守ることができるでしょう。だからと言って、どんなフィルムでもよいわけではありませんよね。できるだけ美しくiphone6plusを守りたいと思うのがiphoneオーナーの気持ちです。

そう思っている方に、【Pop Energy iphone6 5.5/4.7インチ強化ガラス 衝撃保護ガラスフィルム 3D菱形模様液晶保護フィルム 前後ガラスフィルム 前後セット 表面硬度9H iPhone6/6PLUS対応】をご紹介します。鏡面フィルムも美しいのですが、こちらの3D菱型模様というのもとても美しいのです。Appleのロゴ部分なども素敵なのです。パープルが美しいと思いながら眺めていたのですが、ブラック、ブルー、キン、ギンのそれぞれがどれも美しいので、どれか一つを選ぶことができないくらいです。硬度も9Hありますから安心です。

not_category_08-1024x1024

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です