iPhone6 Plus アルミバンパー製作秘話 削りだし にするメリットとは

20141008_TheEdge-main_morita

最近は多くのアルミバンパーが販売されていますが、削りだしというタイプが多くなっています。iPhone6 Plus アルミバンパー 削りだしが多くなっているのは、素材の硬さを生かすことができる点にあります。アルミバンパーの中には、鋳造というタイプもあります。鋳造なら色々な形に仕上げることができる半面、どうしても強度面で弱くなってしまう問題があります。

強度面で強いものを作るためには、削りだしを利用した方がいいのです。iPhone6 Plus アルミバンパー 削りだしが多いのは、端末自体が薄くなっているため、少しでも強度を上げるために必要と判断されている部分があります。これに加え、薄くしても強度が変わらないメリットもあるので、かなり薄いバンパーを作り上げることが可能となります。高い強度を持たせることが、アルミバンパーに必要なことでもあります。

iPhone6 Plus アルミバンパー 削りだしを利用する点としては、綺麗に仕上がるというのもあります。削りだしなら、色々な加工を施したとしても、残ったかすのような部分が生まれることもなく、綺麗な状態を維持することが出来るのです。このバンパーは見た目も綺麗なので、多くの方に愛さる存在となります。

20141008_TheDimple04_morita

iPhone6 Plus アルミバンパー 削りだしというのは、アルミバンパーでも特に高級なものに書かれている言葉です。この削り出しというのはアルミだけではなく、あらゆる金属製品で表示を見かけます。そしてそのどれもが値段が高めです。

削り出しというのは金属加工をする上の一つの方法で、大きな金属の塊を機械で切削することで製品を作り上げていきます。これを切削加工というのですが、素材を溶かしたり伸ばしたりすることをしないので、素材の密度が一定で均一です。ムラがないことで出来た製品がひび割れをすることがありません。素材そのものが持っている強度をそのまま活かすことが可能なので、iPhone6 Plus アルミバンパー 削りだしもとても丈夫な作りになります。

ただし一つずつ切削をして製品を作るために、大量生産には向きません。そのために金額が高くなってしまうわけです。そのかわりに精度が高く、品質のいいものが仕上がります。

iPhone6 Plus アルミバンパー 削りだしのような複雑な形状のものでも仕上がりは美しく、強度面でも他のものよりも数段優れていますので、削り出しバンパーは高価でデリケートなiPhone6 Plusを守るために使用することで、多くのメリットが得られるのです。

20141010_TheDimple-button_morita

iPhone6 Plus アルミバンパー 削りだしにはメリットたくさん

大きいということをまったく弱点とせず、むしろ大きいということのメリットの方で一気に売り上げを伸ばしていったiPhone6plusですが、本体の売上上昇によって、便乗して売り上げが上がっているものがあります。

それはiPhone6 Plus アルミバンパー 削りだしのもので、何故削り出しのものが売れているのかご存知でしょうか。

まずは装着感が違うということ

iPhone6 Plus アルミバンパー 削りだしのものは、削りだしをおこなっていないものと比べた場合に、装着感が変わってきます。

削りだしは本体に合わせておこなわれていくため、本当にギリッギリまで際どいくらいの調整が行われているのです。これは一歩間違えればケース自体が折れてしまうというくらいシビアなものです。

そのため、装着感はとてもよく、つけたところで大きくなった感じがしません。

触り心地もなでやか

削りだしによって作られたアルミバンパーは装着感がいいだけではなく、触り心地も抜群です。

削りだしによって、表面のざらつきなどは全て撤去されているので、手に引っかかりが当たったりすることもなく、そちらに意識が持っていかれることなく、iPhoneを利用することができます。

20141010_TheEdge-button_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です