iPhone6 Plus アルミバンパー の紹介

20141111_TheEdge-black-main_morita

大型画面でより魅力の増しているiPhone6 plusですが、落下による傷がどうしても怖いですし、カバンなどに入れているときにも本体に細かな傷がつくのではないかという不安を持つ人は多いのではないかと思います。お店でカバーやケースを探してもどれも似たようなもので本格的なクオリティの高いものが少ないと感じることがあるものです。そのような人が iPhone6 Plus アルミバンパー deffの製品を見れば見る目が明らかに変わってきます。細部に至るまで徹底したこだわりを持って作っているからです。物まねではない、オリジナル製の高い技術、仕上がりのよさは注目に値するものなのです。

iPhone6 Plus アルミバンパー deffの中でもCLEAVE Hybrid Bumper for iPhone6 Plusはアルミニウム合金と、新世代素材のカーボンファイバーを組み合わせによる新しいバンパーであり、サイドパーツは内側を切削加工により削り込むことでスリムさと軽量感出しています。トップとボトムパーツにはドライカーボンを採用していますし、シックに仕上げたアルミパーツは美しいの一言です。そして模倣品対策の偽造防止シールにより、偽物を買ってしまう失敗がないようになっており、本物のiPhone6 Plus アルミバンパー deffブランドを楽しむことができるのです。

20141111_TheDimple-black-main_morita

iPhone6 Plus アルミバンパー deffといえばもうすでに定番になりつつあります。

上部と下部が膨らんだ独特な形状のあのアルミバンパーは、一目見ればdeffのものだと分かるほどです。

iPhone6 Plus アルミバンパー deffでとくにメジャーなものはCLEAVE Aluminum Bumperで、このバンパーは角を斜めに削る事により非常に薄く持ちやすく工夫され提案す。

iPhone6 Plus自体が大きいのでどうしてもケースを着けると大きく持ち難くなってしまうのですが、CLEAVE Aluminum Bumperはとても持ちやすく、グリップ性も高いです。

CLEAVE Aluminum Bumper以外で、iPhone6 Plus アルミバンパー deffでもう1つメジャーなものがCLEAVE Hybrid Bumperです。

こちらもdeffCLEAVEシリーズなのですが、CLEAVE Aluminum Bumperとは違ってアルミニウムの他にカーボンファイバーを使っています。

上部、及び下部がカーボンになっていて、それ以外がアルミ製なのですが、これにより落下時1番地面と接触する可能性が高い4角を効果的に守ってくれます。

アルミとカーボンですので、とても軽量でかつ丈夫にできており、かつ装着に特殊な工具を必要としない(手回しのネジによる固定)ので、人気があるのも頷けるバンパーです。

deffのアルミバンパーはどれも作りが良く、余程のことがないかぎり破損することはありませんので、初めてバンパーを購入するという人にとてもお勧めです。

imagves

iPhone6 Plus アルミバンパー deffというメーカーがあるのを皆さんはご存知でしょうか。

このiPhone6 Plus アルミバンパー deffというメーカーは主にアルミバンパーをはじめとする、いわゆる何かを保護するものを作っていることで有名で、カメラを保護するためのケースなんかも作っています。

最近ではサウンドの部門で賞も取っており、今後に期待が持てるメーカーとして、インターネット上では注目が集まっているのです。

そして、サウンドやカメラもいいのですが、iPhone6 Plus アルミバンパー deffと言っているからには、やはりアルミバンパーも有名なものがあり、特に「HYBRID」は世界的に売れているアルミバンパーとなっています。

アルミバンパーにおける側面部分の削り具合というのはとても重要で、これをどこまで削っていけるかという技術によって会社の知名度が変わると言ってもいいのですが、deffは最新のCNC切削加工によって、本当にギリギリの削り込みを再現したのです。

それによって「HYBRID」は超極薄を実現することに成功、装着した時のサイズがほとんど変わらないという、まさに化け物のようなアルミバンパーが誕生しました。

もちろん重量も同じで、ギリギリの削り込みによってほとんど重さを感じません。

41b3nUe-61L._vSY300_

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です