iPhone6 Plus アルミ 干渉 電波対策をしている商品紹介

20141008_TheEdge04_morita

iPhone6 Plus アルミ 干渉 電波対策をしている商品の紹介

iPhone6 Plus アルミ 干渉 電波対策をしている商品である「【超軽量11g 電波強度低下の少ないアルミバンパー】iPhone6Plus(5.5) エッセンスバンパー/ スペースグレイ(ゴールドエッジ) IBIP60059」をご紹介します。11グラムという軽さにも驚きますが、上下にある3G/wifi用のアンテナ部分にスリットを入れることによって開放してあげることで、電波強度の低下を防いでいるiPhone6 Plus アルミ 干渉電波対策をしている商品です。

このメーカーも「アルミ素材を使用する事による電波強度低下は避けられません」ということを明記していますが、このibacksエッセンスバンパーは、「iPhone本体の樹脂で出来ている電波の通り道(通称Dライン)部分にスリットを設けて開放しています。これにより電波強度の低下を極力抑えています」と説明しています。そして、「ご使用環境によりバンパー未装着時より低下する場合がありますが多くのシチュエーションでは体感できないレベルの差です。」という但し書きもあります。iphoneの上下4ヶ所あるDラインに小さなスリットを入れることで電波干渉を低減できるということなのですね。その他にも、他社のアルミパンパーとは違った工夫がさまざま施されているので、なかなか好感の持てる商品でもあります。

20141008_TheDimple-main_morita

スマートフォン用の金属製ケースをお探しの方が心配なのは、電波がiPhone6 Plus アルミ 干渉するのではないかという事ですね。たしかに、金属や厚いコンクリートなどで覆うと、通信状況に変化を及ぼすことは事実です。ですが、現在市場で販売されている商品はほとんどが対策済みですから、このような問題が起きることはありません。その根拠を以下に示していきます。

まず、主に側面に装着するバンパーについて考えてください。このような形状ですと、本体全部を被っているわけではありませんから、iPhone6 Plus アルミ 干渉しないことはわかりやすいですね。昔のラジオやテレビと違って外部に棒が飛び出ているわけではありませんが、スマートフォンにも通信用のアンテナが内蔵されています。ですが、その箇所をカバーしなければ、電波に関する問題が起きることはないのです。

では、バンパーではなく機種全体に取り付ける一般的なケースはどうなるかですが、こちらもアンテナをふさがない限りはiPhone6 Plus アルミ 干渉することはありません。その箇所だけをクリアな材質に変更したものもありますし、この制約を逆手に取って、ガラス細工のような芸術性の高いデザインを実現した商品も存在しますから、お店やネットで探してみてください。

318Ey16rlsL

iPhone6 Plus アルミ 干渉 電波対策をしている人気商品

iPhone6 Plus アルミ 干渉 電波対策をしている商品といえば、「DECASE for iPhone 6 Plus 高精度アルミニウムバンパーケース【国内最高峰の低電波干渉率】 」がその一つです。iPhone6 Plus アルミ 干渉電波対策に力を入れているメーカーの一つがDECASEですが、国内最高峰の低電波干渉率を謳っているように、このアルミニウムバンパーケースを購入した人のレビューを読んでみても、アルミバンパー装着時も電波への影響が無いという嬉しい声があります。

iphoneアルミバンパーやアルミケースなど金属製のアクセサリーを製造しているメーカーの商品には、「金属製なので電波干渉がある」ということを注意書きしていることもありますし、iphone用のシートなどでも電磁波干渉防止シートといった商品も発売されています。また、電子マネー決済をするときにアルミバンパーなどが影響するという話もあります。

iphoneの電波干渉が心配という人や、実感している人は、電波干渉対策をしているアルミバンパーやアルミケースのような商品を選ぶようにすると安心かもしれません。iphoneアルミバンパーの弱点は電波干渉と言われていますから、しっかりと対策がされているiphoneアクセサリーを探してみるとよいでしょう。

images

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です