iPhone6 バンパー 電波 への影響ってどれくらいあるの?

20140926_TheDimple-Hold

iPhone6 バンパー 電波 への影響ってどれくらいある?

iPhone6 バンパー 電波 への影響を気にされている方もいるのかもしれません。特に、アルミバンパーのような金属製のバンパーの購入を検討されていたり、または今現在すでに使用されている方でも、iPhone6 バンパー 電波干渉の話がありますから、気になってしまうかもしれませんね。

ところが、インターネットで検索するとわかると思うのですが、金属製のバンパーを装着しても電波強度は変わらないという検証をしている人がほとんどのようなのです。iPhoneで、とある電話番号に電話をかけることで誰でも電波強度を調べることができるのですが、バンパー装着前と装着後の電波強度を調べてみても、まったく変わらないという結果しか見つけることができませんでした。

電波干渉が起きるということを前提にして設計されているバンパーというものも増えていますから、そのようなバンパーを製作しているメーカーによる実験では、電波干渉が起きているのかもしれませんし、さまざまな条件が重なることで電波干渉などが起こるかもしれないからとリスクヘッジとしてそのような設計がされているということもあるのかもしれませんが、全体を覆ってしまうカバーやケースの方が電波干渉が起きるのかもしれないと個人的には考えるようになってきました。

scene2-solo-2x

スマートフォンを保護するためにバンパーをお使いの方で結構気になっているのが、付けたことによって電波に影響がどれくらい出るものなのかと言う事ではないでしょうか。アルミニウム製のiPhone6 バンパー 電波干渉を感じている方が意外といるのですが、やっぱりアルミといえども金属ですので対策を施していない商品だと電波障害が出ることが少なくないかと思います。

これはアルミのiPhone6 バンパー 電波対策がない商品には電波の入り口を塞いでしまっているのが主な原因で、対策済みのアルミバンパーには電波が通るための空間というか入り道があるんです。この入り道の有り無しで電波干渉はかなり変わってくると思いますので、アルミバンパーを新しいものに変えたら何か電波の入り方がおかしいと思っているのなら、電波干渉対策済みのアルミバンパーへの変更をおすすめします。

最近では電波干渉対策がバッチリの商品がかなり多くなってきましてので、知らず知らずの内に対策されていたなんて事もあるかもしれません。金属製のiPhone6 バンパー 電波へ少なからず影響を及ぼすと考えられていますので、シリコンバンパーやポリカーボネートのバンパーに変えるという手もありますので、お好きな手段を選んで電波干渉の無いストレスフリーのスマホライフを楽しんでみてください。

00000306_photo1

iPhone6 バンパー 電波への影響は非常に気になるところだと思います。

基本iPhoneは携帯電話ですので、電波が上手く拾えなければ使い道は激減してしまいます。

ではiPhone6 バンパー 電波への影響は実際どうなのかというと、TPUやシリコン、プラスチック製であればまったく問題ないレベルです。

というか、これらではまったく気にする必要はありません。

iPhone6 バンパー 電波への影響が心配なのはアルミ製です。

正確には金属製ですね。

アルミ製のバンパーを着けている人は多少なりとも電波が通常よりも弱くなっているはずです。

金属はどうしても電波干渉を起こしてしまいますので、何らかの対策がしてあってもやはり多少の影響は受けてしまいます。

ですが、対策さえしてあれば都心部などではそんなに気にするほどではないようです。

対策をしていないアルミ製のバンパーを使っていても、電波が弱い事にまったく気が付かなかったという人もいますので、電波への影響といっても実はそんなに大したことがないのかもしれません。

ですが、アップルも公式でアナウンスしていますので、電波が少しでも弱くなるのが嫌だという人は金属製のバンパーは止めた方が懸命です。

アルミやジェラルミンの他にも、カーボン素材も電波に影響するというのもネットなどには多く報告されています。

ですので、iPhoneがいつも上手く電波を掴まないという人は注意が必要です。

41tXR4HQYSL._SY300_

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です