アルミ 削りだし iPhone ケース 人気商品紹介

20141112_TheSlit10_morita

iPhone ケース アルミ 削りだし の人気商品紹介

iPhone ケース アルミ 削りだし 人気商品の「ENGRAVESecond Edition for iPhone5/5s」をご紹介します。「造形美.com」から出ているiPhone ケース アルミ 削りだしの人気商品なのですが、初代「ENGRAVE」が好評だったこともあり、このセカンド・エディションが登場したのです。

ENGRAVE」は、クール&エレガントというのがテーマです。そのクール&エレガントにスタイリッシュが加わったのが、このセカンド・エディションです。初代ENGRAVEもそうでしたが、この二代目ENGRAVEも、ひと目その姿を見ただけで、「ギュッ」とハートをわしづかみされてしまうことと思います。

アルミケースというとシャープなイメージだと思いますが、このアルミケースには流麗なスクリプトフォントがカッティングされていることで、ソフトな印象を受けることでしょう。しかし、そのスクリプトフォントの流麗で繊細なカッティングの美しさは、一見の価値があります。削りだしているアルミはジュラルミンです。ジュラルミンの塊(インゴット)を工作機械によって、ひとつひとつを極精密に削りだして作られています。アルミ削りだしのケースは直線的なものが多いのですが、このケースは美しい曲線がたくさんあるところも他にはない個性的な製品です。

20141112_TheSlit05_morita

iPhone ケース アルミ 削りだし 商品紹介します!

iPhone ケース アルミ 削りだし 人気商品というと、やはりあのブランド「ギルドデザイン」から出ているアルミ削りだしケース「ソリッド for iPhone6Plus ,「 ソリッドバンパー for iPhone6Plus 」が今人気のある商品の一つではないでしょうか。

iPhone ケース アルミ 削りだしといえば「ギルドデザイン」という人も多く、iphone6plus用のこの「ソリッド」や「ソリッドバンパー」も、アルミ削りだしの「ギルドデザイン」という期待に応えてくれるアルミ削りだしケースとなっています。

このiphoneケースに使われているアルミは、「A2017」と呼ばれているジュラルミンです。このジュラルミンは航空産業、宇宙産業などでも使用さている素材としても有名なのですが、そのA2017の中でも、もっともクオリティーが高いといわれている「A2017S」の無垢材を削りだしで作り上げたのがこのiphoneケースです。この古河スカイ製のA2017Sを採用し、四隅が飛び出ているデザインとの組み合わせにより、iphoneをがっちりガードすることができています。

ギルドデザインの公式ホームページには、強度テストを行っているときの画像がありますが、ユーチューブにその強度テストの動画も公開されています。

20141112_TheSlit06_morita

iPhone ケース アルミ 削りだし 人気商品について

iPhone ケース アルミ 削りだし 人気商品「ジュラルミンと天然木の削り出し アルミiPhoneケース GEO-HYBRID」をご紹介します。アルミ合金ジュラルミンを削りだしただけてはなく、天然木まで削りだして作り上げられたiphoneケースです。ジュラルミンと天然木のコラボレーションというところも魅力なのですが、そのデザインもさらに魅力があるiPhone ケース アルミ 削りだし人気商品です。株式会社フジツール XEXeed358(ゼクシード358)ブランドのiphoneケースは、どれもオシャレでカッコイイですからね。

ジュラルミンは軽くて強い「A2017S」が採用されています。このアルミのインゴットを3D削りだし加工により製作されています。天然木には、「ブラックチェリー」と「ウォールナット」の2種類があり、どちらかを選ぶことになります。もちろん、両方とも欲しいのであればどちらも購入することができますけどね。ブラックチェリーの方が少し明るめの色です。ブラックチェリーは高級木材です。ウォールナットは「世界3大銘木」のひとつで、ピアノなどにも使用される木材です。アルミの最先端であるジュラルミンと、古くから親しまれてきた天然木とのハイブリッド。iphoneアルミ削りだしケースとして人気があるのもわかると思います。

20141107_TheSlit-silver_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です