iPhone6プラス バンパーケース 耐衝撃の商品

20141008_TheEdge04_morita

とにかく耐衝撃性の高いiPhone6プラス バンパーケースをお探しなら、tough metal caseという衝撃に対する強度抜群の商品を購入すれば間違いないでしょう。多重構造型のこの商品は一番外側がアルミ合金製となっており、その内側にはシリコン製のクッション素材を配置して万全の耐衝撃性となっています。

まず見た目からしてコイツは必ずやってくれると言わんばかりのゴツいiPhone6プラス バンパーケースなのですが、バンパー全体の重量は82グラムということでそこまでの重さは感じられないと思います。iPhone本体への固定はネジを使うタイプとなりますので、購入の前にはプラスドライバーを用意された方がいいと思います。

ミリタリー系の耐衝撃性iPhone6プラス バンパーケースですから、防塵性能や生活防水も付随しているので、アウトドアで使用される方にもピッタリの商品です。うっかり水に濡らしてしまってiPhoneをダメにする事が多々ありますが、このバンパーならちょっとやそっとの水くらいなど全く気になりません。

そして液晶画面部分を保護する為の強化ガラス製スクリーンガードが付いていますので、画面の汚れや傷もしっかりとガードしてくれること間違いありません。この商品こそ最強の耐衝撃性ケースと言っても過言じゃないんです。

20141008_TheDimple-main_morita

iPhone6プラス バンパーケースって耐衝撃性がちょっと不安だったりします。

一般的にそれが心配でバンパーケースを使えないっていう意見は多いと思います。

ですが、耐衝撃性の優れたバンパーケースも探すと案外あるものです。

例えば、iPhone6プラス バンパーケースで耐衝撃性に優れたものは、BricWave Extremeです。

このバンパーは、熱可塑性エラストマー、エアクラフトグレードアルミ合金の2重構造になっています。

簡単に言うと、外は硬く中は柔らかくです。

これにより、iPhoneを落とした時も効果的に衝撃を殺してくれますのでiPhoneが壊れ難くなっています。

さらに、前背面保護フィルム付きで、液晶面の方は防弾フィルムです。

ちょっとやそっとの衝撃ではびくともしない、耐衝撃性に優れたiPhone6プラス バンパーケースです。

他にiPhone6プラス用で耐衝撃性に優れたバンパーというと、Tech21 Evo Band for iPhone 6 Plusです。

FlexShockという衝撃吸収材がバンパー内部に採用されており、これにより落下時の衝撃からiPhone6プラスを守ってくれます。

さらに透明な背面保護フィルムがiPhone6プラスを傷から守ってくれます。

耐衝撃性の高いケースって高いイメージがありますが、このTech21 Evo Band for iPhone 6 Plus4千円しません。

わりと安価ですので、耐衝撃性の高いバンパーを使ってみたいという人にお勧めです。

iphonecase_j3_black1

iPhone6プラス バンパーケースで耐衝撃を謳っている商品をいくつか紹介します。

iPhone6プラス バンパーケースで耐衝撃性が優れているもの最初の商品は、VERUSIRON Bumperです。

このバンパーケースは、耐衝撃ということでは定番の、TPUとアルミの2重構造になっています。

外側がアルミで、内側がTPUですので、衝撃を吸収分散する事に優れた効果を発揮します。

iPhone6プラス バンパーケースで耐衝撃性に優れた商品2品目は、AYAMAYAのアルミバンパーケースです。

頑丈な金属フレームで外側を守り、柔らかいシリコンで内部を守ります。

さらに液晶部はゴリラガラスで守られますので非常に高い耐衝撃性を有します。

しかも生活耐水ですので、水しぶきや水滴からもiPhoneを守ります。

それからもう1つ、ABEE6PX01硬質アルミバンパーケースも非常に高い耐衝撃性を持っています。

硬質アルミニウムを採用しており、ケース4角が厚めに作られていますので落下時に1番危険な角を衝撃から守ってくれます。

iPhoneと密着する部分には適度な反発力を持続するクッションシートが付けられていますので、iPhoneに傷を付けないのはもちろんのこと、落下時には衝撃を吸収してくれます。

日本製ということで非常に作りが良く、お勧めのバンパーケースです。

images

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です