iPhone6 ジュラルミンケース がおすすめ

20141112_TheSlit10_morita

iPhoneのケースはいろいろな素材のケースがあります。

どの素材も良いところはあり、優劣を決めるのは難しいのですが、私はジェラルミン製をお勧めします。

iPhone6 ジュラルミンケースが何故お勧めかというと、とにかく軽くて丈夫だからです。

軽いだけのケース、丈夫なだけのケースは多々ありますが、軽くて丈夫だというのはiPhone6 ジュラルミンケースくらいではないかと思います。

iPhone6 ジュラルミンケースで有名なものだと、The Slitがあります。

このケースは超々ジェラルミンを使っています。

The Slitに使われているA7075超々ジュラルミンは航空機にも使われている素材です。

ですので、軽くて丈夫なのは当たり前です。

使ってみればその軽さにまず驚くと思います。

ただし、The Slitは非常に高価です。

iPhoneよりも高いケースを簡単に購入できる人は多くはないでしょう。

そこで私がお勧めのジェラルミン製のiPhoneケースは、Gild Designのソリッドです。

こちらでしたら実売価格で1万円を切ります。

1万円以下と安価ですが、使われているのはA2017Sジュラルミン無垢材です。

サイドが肉抜きしてあり、非常に軽量なのに丈夫なケースです。

背面もしっかりガードしてくれるタイプのケースですので、落下時などにも安心です。

わりと高価なケースが多いジェラルミン製ですが、1度使えばその良さはわかると思います。

とてもお勧めの素材です。

20141107_TheSlit-silver_morita

iPhone6にはジュラルミンケースがおすすめ

iPhone6 ジュラルミンケースが多くなってきました。それにしたがってiPhone6 ジュラルミンケースの人気も上がっています。人気が上がっているから、各メーカーがiPhone6 ジュラルミンケースを出すようになってきたという方が正しいかもしれませんね。

ジュラルミンは、JIS規格では3種類が規定されています。ジュラルミン、超ジュラルミン、そして超々ジュラルミンの3つです。A2017というものがジュラルミン、A2024というものが超ジュラルミン、A7075というものが超々ジュラルミンと呼ばれています。

アルミニウムという素材が強度があると思われている方もいるかもしれませんが、アルミニウム100%の純アルミニウムという状態だと、実はそれほど強度は高くないのです。アルミニウムに、さまざまな元素を混合し、さらにさまざまな熱処理をすることで、アルミニウムが硬くなり、ジュラルミンに変身するのです。

ジュラルミンは超軽量でありながら、超頑丈ということで、現金輸送などにも使われていますし、航空機やレースカー、電車などにも使用されているわけです。そのような素材をiphoneケースのために使用しているのですから、ジュラルミンに守られているiphoneというのは、飛行機に乗っている私たちと同じレベルで守られているということがいえるでしょう。

20141112_TheSlit06_morita

iPhone6 ジュラルミンケースは、アルミニウム合金の一つであるジュラルミンを使用した、軽量で、かつ硬化なケースです。ジュラルミンは各方面で多く用いられている合金で、強度に重点が置かれています。ジュラルミンには他に超ジュラルミンと超々ジュラルミンがあり、比較的加工しやすいジュラルミンは削ることで細工を施してあるケースも多く、究極的に丈夫さを求めたiPhone6 ジュラルミンケースには超々ジュラルミンが用いられていて、その値段もとても高価なものになっています。ネーミングだけでも胸躍る素材です。

iPhone6 ジュラルミンケースのメリットは、丈夫さの割りに軽量なところにあります。メタリックな見た目も華やかですし、高級感があります。金属ケースですので、柔らかい素材のもののように装着時にダブつきませんし、高精度で加工されているので本体にがっちりとフィットします。そのプレミア感は、他の素材のケースとは一線を画すものです。

ハードケースやシリコンケースが多く出回っている中で、周囲とは違った数少ないジュラルミンケースで、差別化を図ってみてはみてはいかがでしょう。

値段分の性能を発揮してくれますし、長い間本体を保護してくれます。

20141112_TheSlit07_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です