iPhone アルミケース おすすめ メーカー紹介

20141112_TheSlit04_morita

iPhone アルミケースでおすすめのメーカーは、Spigenです。

iphone6 plusのアルミニウム製カバーは見た目、機能ともに上質なものとなっています。

外観はガンメタリックを貴重として、外側のバンパーはグレー、シルバー、ゴールド、ブルー、レッドの5色から選べます。

どの色を選んでも、ガンメタリックな印象に加えて高級感がアップして見えます。

iphone6 plusの外側のボタンも押しやすい形になっており、機能的な形です。

ボタン部分のデザインは特に優れて、取り付ければiphone6 plusが生まれ変わったようです。

iPhone アルミケース おすすめポイントは、このケースの優れた保護力にあります。

ケースは二重構造になって、角の部分は特に衝撃吸収力に優れたネオハイブリッドと呼ばれる仕様です。

落としても壊れないという安心感が、iphoneに与えられます。

ほどよい薄さになっているから、ポケットに入れても手に持っても大きさの不快感は感じません。

iPhone アルミケース おすすめな理由は、ケースを取り付けてiphone6 plusを手にしたときの感触にも言えます。

滑り落ちることのないグリップ力、アルミニウム製ならではの質感が得られます。

Spigenのアルミニウム製ケースは、これだけの性能ながら、3000円を割る安さも魅力です。

20141107_TheSlit-gold_morita

iPhone アルミケース おすすめ メーカー紹介

iPhone アルミケース おすすめ メーカーを「古澤技研」紹介します。iPhoneアルミケース「Aluster(アラスター)」シリーズを出しているiPhone アルミケース おすすめメーカーの一つです。

古澤技研は、IT関連製造ロボットや自動車部品検査装置の部品を精密加工している機械加工会社なのですが、iPhoneアルミケースを見たことのある方ならおわかりだと思いますが、高い技術と高い精度で職人技のiPhone専用のアルミケースを開発しているメーカーなのです。古澤技研では、材料からメッキ、取付工具まですべて日本製を使用しているので、高い信頼性があります。IT関連部品の製造工場として、長い年月の経験と技術が生かされた超高精度加工で作られたiPhoneアルミケースは、放熱性が高く、つなぎ目がないことからとても頑強なのです。

前面パネルはいくつかあるバリエーションから選ぶことができるのも特徴です。カメラホールのテザインが違うというように細かい部分にまで配慮がされています。パネルとケースの色を組み合わせるパターンによって、まったく別のイメージに返信させることもできます。オーダーメイドもできるので、印刷や切削により、完全オリジナルのiPhoneアルミケースにすることもできます。また、「雅シリーズ」という日本の伝統文様が9種類も用意されているケースも素敵なのです。

20141112_TheSlit09_morita

iPhone アルミケース おすすめ メーカー紹介

iPhone アルミケース おすすめ メーカー「ファクタスデザイン」をご紹介します。ファクタスデザインのiPhone アルミケース おすすめなのは、「FACTRON(ファクトロン)」ハイエンドブランドのラインナップです。どれもかっこ良くて、美しく、個性的なのです。

FACTRONとは、「FACT(真実)」と「TRON(未来)」を組み合わせた造語です。「近未来の本物」としてのデザインを提案するために命名されました。心がときめくデザイン、奇抜なだけではなく空間を和ませたり、時に心地よい緊張感を与えるようなデザインといった製品を提供し続けているメーカーです。

ファクタスデザインは、もともと腕時計の企画・デザインからスタートしているのですが、腕時計の企画・デザインというものは考えている以上にたくさんの工程があって複雑です。その時計作りのノウハウを生かして、iPhoneアルミケースも製造されています。

QuattroVariousG3G1などの製品がありますが、どれも美しく、おしゃれです。また武骨でスパルタンな印象のものもあります。それぞれが独創的なデザインでありながら、ファクタスデザインとしての統一感も伝わってきます。眺めているだけで、どんどん引き込まれるようなパワーを感じます。iPhoneアルミケースのおすすめメーカーです。

20141112_TheSlit10_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です