iPhone アルミケース 電波 への影響の対策ってされてるの?

20140926_TheDimple-Hold

デザイン性が高いアクセサリーをお求めの方に推薦することが多い商品ではありますが、iPhone アルミケース 電波を通しにくいのではないかというご相談を頂くことがあります。金属が通信機器に影響を与えることは事実ですが、対策も行われていますのでご安心ください。その根拠を示して説明します。

まず、ラジオやテレビにも当てはまることですが、iPhone アルミケース 電波に影響するのは、それが可視光線であることが原因です。日光や電灯の明かりであれば、手やカーテンなどで遮ることにより伝わりにくくなり、暗くなりますね。通信においても似たことが起きており、木造の壁であれば透過することができますが、金属でできた壁や、この商品のように通信機器に装着するものであれば、通りにくくなってしまうことがあります。

このように見ますと、iPhone アルミケース 電波への影響が大きいように感じられますが、売り上げランキング上位にあることからもわかるように、日常的な使用にはまったく問題がありません。なぜならば、データの送受信は本体全体で行われているわけではなく、アンテナ部分が担当しているからです。この箇所に穴をあけて透明な部品を取り付けるという対策によって、問題なくお使い頂くことができます。

20141008_TheEdge04_morita

iPhone アルミケース 電波の問題を心配される人は多いのではないでしょうか。

確かにアルミ素材を使った場合、特性上電波干渉を起こす場合があります。

やはりアルミ素材を使ったケースを選ぶ場合は、電波の問題を対策しているケースを選ぶことが大切です。

今回はそんなiPhone アルミケース 電波問題を対策しているケースを2つご紹介します。

■ibacks Essenceバンパーケース

電波問題を対策しているケースの中で、バンパーを採用しているのがこのケースです。

アルミ素材の強度を生かしてアンテナ部に穴を開けることで、電波干渉を防止しています。

またiphoneの薄さを損なうことの無いデザインで装着感の非常に良いケースです。

iphoneをシンプルに耐衝撃性を高めるのに最適なケースです。

■CROY DECASE

このDECASEシリーズはさまざまなスマホに対応しているアルミ素材の人気バンパーケースです。

このケースの特徴は何といっても「世界最高峰の低電波干渉率」というウリで販売していること。

その電波干渉をCROY社独自の「電波の流れ」というコンセプトに基いて上部にアンテナホール加工をしているのが特徴です。

これによってサイドボタン部に穴を開けてボタン操作がしずらくなることが無くなり、操作感と電波干渉両方を求めた設計になっています。

以上2つはバンパーのiPhone アルミケース 電波干渉対策をしているケースをご紹介しました。

バンパー以外で背面も覆ったアルミケースにも低電波干渉を施しているものがあるのでお好みのデザインに応じて探してみてください。

20141009_TheEdge-remover_morita

iPhone アルミケース 電波障害って心配になりますよね。

アルミケースは金属製ですのでiphone全体を囲っているとどうしても電波が弱くなってしまいます。

安価なアルミケースなどでは電波への対応がまったくされていないものが多いので注意が必要です。

ですが、比較的高価なiPhone アルミケース 電波障害への対策がされています。

具体的にiPhone アルミケース 電波障害対策はどういったものかというと、一番多いのがスリットです。

iphoneのアンテナ部分のところに小さなスリットが開いていてそこから電波を通すという対策で、効果はまあまああるようです。

このタイプは非常に多く、数千円以上のアルミケースで電波障害対策しているものの多くはこのスリットタイプです。

このスリットタイプは、本当に小さな穴ですので目立たずケースのデザインを壊すことはありません。

ですので人気なのかもしれません。

もう一つ、良くある電波障害対策として、iphoneのアンテナの部分だけアルミ以外の素材を使っているアルミケースというものがあります。

これは、iphoneのアンテナ部分の上だけポリカーボネートだったり木材だったりするので、電波にまったく影響がありません。

比較的高価なアルミケースに多いタイプですが、非常に効果が高いのでお勧めです。

以上のように、けっこう電波障害対策してあるものは多いです。

少しでも電波が気になるという人は、こういった対策がしてあるアルミケースを使うと良いと思います。

20141009_TheEdge-front-silver_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です