傷 がつきにくいiPhone 向け アルミバンパー商品紹介

20141008_TheEdge-black01_morita

iPhone アルミバンパー 傷がつきにくい商品紹介

iPhone アルミバンパー 傷がつきにくい商品というと、「背面保護クリアプレート付 アルミバンパー」がいいのではないでしょうか。

iPhone アルミバンパー 傷がつくのは背面ですよね。側面はかなり強固に守ってくれるのですが、何もしなければ背中は裸なのですから、どうしても傷がつくことになります。だからと言って、背面をカバーするようなケースを使用してしまうと、Appleのロゴが見えなくなってしまいますから、アルミバンパーを使う意味が半分くらいなくなってしまいます。

そうならないために適している商品が、背面を保護するプレートが透明なクリアタイプのアルミバンパーということになるわけです。これなら、Appleロゴをいつも見ることができますし、それでいながら、しっかりとiphoneの背面を傷などから守ってくれるわけです。クリアプレート部分の色あいによっては、プレートが付いていることがまったくわからないようなタイプもあります。これはアルミバンパー自体もそのようなことを考慮して作られているからなんですよね。ですから、アルミバンパーとクリアプレートがセットになっているものがオススメということになります。それに、背面レンズを守ることにもつながりますしね。

20141008_TheDimple-gold01_morita

iPhone アルミバンパー 傷が付きにくい商品として販売されているのが、BricWave Extremeという商品です。一般的に利用されているアルミを利用しているにもかかわらず、かなりバンパーの強度が硬くなっており、更に傷がつかないようにしています。見た目は光沢も非常に強くて、しっかりした構造になっていますから、端末自体の傷も付きにくくなります。

一番大きな部分としては、アルミと別の素材を組み合わせることによって、しっかりとガードできる部分にあります。アルミによって傷が付きにくくなっているだけでなく、もう1つの素材を組み合わせることで衝撃の吸収能力が相当高くなっています。端末を守りたいと思っている方には勿論ですが、端末だけでなくバンパーの傷も付けないようにしたいと思っている方に向いています。このバンパーは背面や端末画面の部分も守れるため、iPhone アルミバンパー 傷が付きにくいのです。

利用するためには結構大変な装着をしなければなりませんが、その分iPhone アルミバンパー 傷から守ることが出来て、端末を綺麗な状態で利用することができます。どうしても傷を付けるのが嫌なのであれば、衝撃と傷からがっちり守れるバンパーを利用するといいです。

20141008_TheEdge-silver01_morita

バンパーケースは耐衝撃性が高く、液晶の割れを防いでくれるアイテムとして愛用者が増えています。

iPhone アルミバンパー 傷がつきにくいものが多いです。

バンパーケースに多く採用されているのはアルミバンパーです。

これはアルミという素材が硬度が高く、軽量でまた成形しやすいという特性を持っているので、硬くてデザインの良いものを作れるからです。

iPhone アルミバンパー 傷のつきにくいおすすめのバンパーを2つご紹介します。

■Deff CLEAVE Aluminum Bumper

バンパーケースで人気なのがこのCLEAVE Aluminum Bumperシリーズ。

薄さをウリにするアルミバンパーの中で、あえて横幅を持たせて曲線デザインとし抜群の強度と持ちやすさを実現したケースです。

バンパーを付けておしゃれな曲線のiphoneに着飾ってみたい人におすすめです。

アピロス クリスタルアーマーメタルバンパー

左右上下対称の形をしていて、どういった角度で落下しても保護してくれるよう設計されているアルミバンパーです。

このバンパーの特徴はクリスタルアーマー用の背面用のバックプロテクターという強化ガラスが用意されていること。

バンパー用に設計されているのでデザイン上も完璧にマッチするように作られていて、合わせて使うことで抜群の一体感が得られます。

強度とカッコよさを両方を求めている方におすすめのケースです。

この2つのバンパーはiPhone アルミバンパー 傷のつかない申し分の無い強度のケースとして特におすすめです。

ぜひ検討してみてください。

20141009_TheDimple-back-black_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です