iPhone アルミバンパー 電波 への影響について

20141111_TheDimple-black-main_morita

アルミを利用する保護パーツを利用すると、どうしても気になるのが電波への影響です。電波が入りづらくなると言われているアルミは、とにかくその対策をしておかないと大変です。場合によっては、外さないと連絡を取り合うことが難しいくらいなので、iPhone アルミバンパー 電波の影響を知っておくことは重要なこととなります。

基本的にiPhone アルミバンパー 電波への影響は、ケースに比べるとそこまで大きくありません。ケースの場合は結構影響があって、切り込みを入れないと電波が入りづらいとも言われています。しかしアルミバンパーの場合は、電波が入る部分がそのまま露呈しているので、ケースに比べれば影響は少ないものとなります。ただバンパーの形状によっては、電波が入りづらい可能性もあるので、対策をしている製品を利用した方がいいです。

iPhone アルミバンパー 電波への影響は、そこまで大きくないと考えてもいいです。ただ影響が無いわけでもないので、利用する製品によってはかなり電波が入りづらくなる恐れもあります。どのような影響を受けるのかを理解しておけば、ある程度対策はできるようになります。出来れば影響のないバンパーを購入した方が安心できます。

20141009_TheEdge-remover_morita

iPhone アルミバンパー 電波 への影響について

iPhone アルミバンパー 電波 への影響について心配している方もいるようではあるのですが、いくつかの検証実験を見ている限りでは、iPhone アルミバンパー 電波への影響はほとんどないという結果ばかりでした。

iphoneのアルミバンパーを製造しているメーカーでさえも、「金属製なので電波干渉があるのは仕方ない」というような但し書きをしていることがありますし、電波干渉をできるだけ起こらないようなデザインにする工夫をしているものもありますので、なかば当たり前のように「アルミバンパーは電波に影響する」ということが常識化してしまったようです。

考えてみれば、カバーやケースはiphone全体を包み込んでしまいますが、アルミバンパーの方がiphone自体が外に出ている面積が多いわけですし、テレビのアンテナは金属製なのですから、アルミバンパーを付けた方が電波の感度が上がるのではないかとさえ思えてきます。iphoneで電波干渉や電波への影響などを誰でも確認できる方法があって、その方法で検証している人たちはアルミバンパーの電波への影響がないようでした。

電波への影響はないようですが、もしかしたら、回線速度には影響があるのかもしれないという実験がありました。こちらについて、さらに情報収集をしていきたいと思います。

20141009_TheDimple-remover_morita

iPhone アルミバンパー 電波干渉があることを知っておかなければなりません。金属製のバンパーは見た目の美しさと軽量さが人気で、シンプルにiPhoneの保護力を高めたいと思っているかたにはぴったりのアイテムですが、金属ゆえに電波に干渉してしまうのです。それを知らないでアルミバンパーを使用してしまうと、後から電波が悪くなってしまったことでバンパーに不信感を覚えてしまうこともあるでしょう。アルミバンパーはTPU素材のものやポリカーボネートのものよりも高価になるため、購入して損をしてしまったという気持ちが生まれてしまうかもしれません。

ですが、きちんとiPhone アルミバンパー 電波干渉があることを知っておくことで、きちんと電波対策をされた良質のアルミバンパーを選ぶことができて、無用なトラブルと回避することができます。各バンパーブランドもしっかりと電波干渉対策を取っていますので、ちゃんとしたメーカーを選べば失敗することはありません。そういったものはiPhone アルミバンパー 電波がバンパー未装着時との差が本当に僅かなものになっています。

アンテナ部分にスリットを設けたり、金属を避けて木を使うことで電波問題を解消したものもあります。アルミバンパーの内側部分にTPUをかませるなど、様々な工夫がされているのです。

20141008_TheDimple04_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です