iPhone6 Plus アルミバンパーケース 人気商品の紹介

20141111_TheEdge-gold-main_morita

iPhone6 Plus アルミバンパーケース 人気商品の紹介

iPhone6 Plus アルミバンパーケース 人気商品として、精密機器メーカーの技術の結晶ともいうことができる誤差精度0.05mm以下を達成した高精度アルミニウムバンパーケースの「DECASE for iPhone 6 Plus」を紹介します。

このiPhone6 Plus アルミバンパーケースは、iPhone 6 Plusのラウンドデザイン、薄型化に伴い、その変化に対応しフィットさせることを考えました。従来のアルミバンパーケースの基本設計を改めて見直し、スライドロック式(横留方式)を採用することを決めたのです。これにより、ネジ止め位置を横方向にすることができ、バンパーケース独特の膨らみを削減することに成功しました。こうして無駄なデザインを一切排除することにもつながって、iPhone 6 Plusとの一体感が更に高まることとなりました。

アルミバンパーケースのような金属製ケースの一番のデメリットである電波干渉対策もとことんまで練りこまれています。iphone6 plus内蔵通信アンテナ位置だけではなく、電波の「流れ」までを考慮してアンテナホールの加工などが行なわれています。金属ケースとしては世界でナンバーワンともいえるほどの低電波干渉率を実現することができています。

サイドボタンもアルミニウムで再現しフルガードされていますし、アルマイト加工により、アルミニウムの耐食性、耐摩耗性がアップ。付属の背面肉厚合皮シールと別売の液晶ガラス保護フィルムを使うことで、iPhone 6 Plusの側面、液晶、背面をオールプロテクションします。

20141008_TheEdge04_morita

iPhone6 Plus アルミバンパーケース 人気商品の紹介

iPhone6 Plus アルミバンパーケース 人気商品を次から次に製造販売しているスマートフォンケースのブランド「H2-STYLE (エッチ・ツー・スタイル)」。この「H2-STYLE」は、最小、最軽量のジュラルミン精密削り出しによるiPhone6 Plusアクセサリーを出していますが、その中から【Aluminium Case for iPhone6 PlusBumperをご紹介します。

このアルミバンパーケースは国産素材を使用しており、H2-STYLEの自社工場で削り出しているというフル「メイド・イン・ジャパン」なのです。それまでのスマートフォンと比較すると、明らかに大きくなったiPhone6Plusを完璧に保護するバンパーケースの条件を「強さ」と「薄さ」と「軽さ」というコンセプトに決めて作られたように感じることができます。

アルミについては、H2-STYLEの当然の選択である高品質国内産「超ジュラルミン」が使用されています。その超ジュラルミンを薄く、軽くするためにとことんまで削り込みを行い、それでいて必要十分な強度を獲得するために横部分の開口スペースを減らし、フレーム同士でサポートしあうような新しいデザインが登場しました。そこからさらにグルーヴ(溝)を横部分に設置するというアイデアで、軽量化と指のグリップ性をも具現化させています。

 

20141008_TheEdge-main_morita

iPhone6 Plus アルミバンパーケース 人気商品の紹介

iPhone6 Plus アルミバンパーケース 人気商品「SQUAIR バンパー “The Dimple” Bumper case for iPhone 6 Plus 日本製 iPhone ドレスケース ジュラルミン を贅沢に切削で削り出した ネジが要らない金属製切削4分割アルミバンパー (ITOIGAWA Latch構造) | ゴールド Gold SQDMP610-GLD」をご紹介します。数々の人気商品を製造している「SQUAIR」ですが、iPhone6 Plus アルミバンパーケースには「The Dimple」という商品を開発し、人気商品となっています。

iphone6plusでも、超々ジュラルミンであるA7075を採用して、アルミバンパーケースを作っています。同じように人気のある「The Edge」よりもさらに強度があって、より軽い商品になっています。「The Dimple」という名前ですから、このアルミバンパーケースには「ディンプル加工」がされています。

私の個人的なイメージからすると「ディンプル加工」というのは、ドッドといいましょうか、水玉といいましょうか、球状の凹みや出っ張りのことを言うものだと思い込んでいました。英語の意味としても、「えくぼ」「小さなくぼみ」ですから、「丸い」というイメージですよね。しかし、dimpleには「さざ波」という意味もあったのです。このアルミバンパーケースにあるディンプルも「えくぼ」ではなく「さざ波」がピッタリです。このさざ波のようなディンプル加工があるので、手にしたときに滑りにくくなっています。

20141009_TheEdge-back-gold_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です