iPhone メタルケース&バンパーの紹介

dmc-main

iPhone メタルケース&バンパーの紹介1

iPhone メタルケースは金属製ということになるわけですが、このようなiPhone メタルケースをご紹介しましょう。[最軽量&最薄] 2015年 モデル】VicTsing iPhone6ケース、アルミニウム金属コーニングゴリラガラス、耐衝撃 生活防水/防滴 アップル4.7インチiPhone6用の高品質の軍事ヘビーデューティ保護ハードカバースキンケース[並行輸入品]です。

何だか、とてつもないiPhone メタルケースという感じがしますよね。知る人ぞ知るiphoneメタルケースですから、知っている人にとっては気にならないのかもしれませんが、そもそも「ゴリラガラスって何?」という人もいらっしゃいますよね。

ゴリラガラスとは、アメリカ・ニューヨーク州に本社を置く世界最大級のガラス製品メーカー「コーニング社」によって開発された特殊なガラスのことなのです。コーニング社は、1851年に創立され、現在の主力製品は液晶ディスプレイ用ガラスパネル、望遠鏡ガラス、光ファイバーなどですが、ゴリラガラスの方も、ゴリラガラス2、ゴリラガラス3というように進化しています。プラスチックの数十倍の強度があるとされていて、2010年のデータによると、世界の携帯電話のうち約2割がゴリラガラスが使用されています。世界の2割というのは約2億台にもなります。

SQUAIRDuralumin2

iPhone メタルケース&バンパーの紹介2

そのような「ゴリラガラス」を使用しているiPhone メタルケース「VicTsing iPhone6ケース」ですが、ゴリラガラスは指紋認証もきちんとできますのでご安心ください。また、ゴリラガラスは、2014年にゴリラガラス4も登場しています。ボディの基本となる素材はアルミ製です。4つのコーナーには8.4mmのシリコン製の穴が空けられているので、落下させてしまったときに、この空洞が衝撃を吸収するような設計になっています。

この他に紹介するiPhone メタルケースとしては、「RADIUS case(ラディアスケース) iPhoneケース RADIUS case for iPhone 6 All Polished X 402101AP」があります。このiPhone メタルケースに使用されているのは「T6061」アルミニウムです。このT6061アルミニウムも魅力の一つなのですが、RADIUS case(ラディアスケース) の最大の魅力は、四隅を保護する「コーナーモジュール」を、専用のレンチを使用して「X」字につなぎ止めるという「Xフレーム」の美しさでしょう。「mod-3」という、少数精鋭のデザイナーと起業家で構成されているチームなのですが、このチームによりされたデザインはとても印象的です。カメラレンズ部分のデザインなどは、とてもオシャレな仕上がりになっています。

SQUAIRDuralumin1

iPhone メタルケース&バンパーの紹介3

iPhone メタルケースの「iPhone6」「iPhone6Plus」対応版「Quattro for iPhone6 HD」「Quattro for iPhone6Plus HD」をご紹介いたします。このiPhone メタルケースは、「ファクトロン」ブランドから発売されています。

この「SIMPLEX」シリーズのコンセプトは「シンプルでエレガント」です。 金属の素材感をすっきりと表現するためにシンプルな形状のデザインなのですが微妙なカーブで構成された曲面がすんなりと手に馴染むケースばかりです。

この「クアトロ」iPhone メタルケースは、「模倣を許さないオンリーワンのデザインクオリティ」と称されています。アルミの中でも最高の強度といわれている「ジュラルミンA2017」が使用されているのですが、オブションでさらに強度が高いアルミ合金最高グレードの超々ジュラルミン「A7075」に仕様変更すること経できるのです。

このジュラルミンジャケットとiphone本体が直接接触しないように樹脂パーツで作られているフローティング構造が採用されています。3D加工でジュラルミンから削り出されているので、デザイナーの意図通りのジャケットを作ることに成功しています。そして、「FACTRON」といえば、レンズ交換です。さまざまな交換レンズがありますので好きな人にはたまらないですね。

00000286_photo2

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です