超々ジュラルミン 製のiPhoneケースについて

20141107_TheSlit-silver_morita

iPhoneケースの素材としてお馴染みのアルミニウムですが、その合金がいわゆるジュラルミンと呼ばれる金属です。ジュラルミンで出来たiPhoneケースはその耐衝撃性や軽量であることが受けて人気商品となっていますが、そのノーマルなジュラルミンをはるかに凌駕する性能を持つ超々ジュラルミンという合金を使用したケースがある事をご存知でしょうか。

超々ジュラルミンなんて言葉は初めて聞いた方が大半かと思いますが、その高い強度と軽さを活かして様々な工業製品などに使用されているんです。そんなアルミ合金の最高峰ともいうべき超々ジュラルミンで出来たアイフォンケースの中でも最高傑作と言われているのが、SQUAIRブランドのThe Slitというケースです。

ネジを一切使用せず2つのパーツを噛み合わせることによってiPhoneに装着するタイプとなっており、その見た目は産業製品と言うよりも芸術作品と呼んだほうが正しいのではないかと思えるほどの美しさです。強固でありながら靭やかな佇まいさえ感じさせてくれるそのフォルムは、アイフォンケースの頂点に君臨する王者の風格さえ漂います。

最高品質のアルミ合金を熟練の技術者の手によって加工したものですのでお値段はかなり高いのですが、オンリーワンのケースを手にしたいのなら買ってみるべき商品かと思います。

20141112_TheSlit05_morita

超々ジュラルミン 製のiPhoneケースについて

超々ジュラルミン 製のiphoneケースで注目を集めたものといえば、「SQUAIR iPhone 6 ケース 【The Slit】 日本製 ドレスケース 超々ジュラルミン A7075を贅沢に削り出し 金属製 アルミ 合金 バンパー 工具不要 | ゴールド | SQSLT600-GLD」があります。

このiPhoneケースは、超々ジュラルミンである「A7075」が使用されているのですが、価格が16万円を超えるということでも注目されたわけです。

ただ、ルックスがいいんですよね。超々ジュラルミンを使われているというのも最大の魅力ではあるのですが、このデザインもたまらなく素晴らしいものになっているのです。

この価格ですから、使用している人を見かけることはほとんどないかもしれません。しかし、「The Slit」越しに覗く、アップルマークというのは、なかなか風情を感じてしまいます。こちらが覗いているのか、アップルから覗かれているのか

超々ジュラルミンA7075から、この形を削り出したというのですから、手間も技術も、やっぱり一級品と言わざるを得ません。価格が高いのも無理はないのでしょう。デザイン、組み立て、製造まで純粋に日本だけで行ったということも価格には反映されてしまうのでしょうが、そのおかげでクオリティーの高いiphoneケースになっているといえます。

20141112_TheSlit06_morita

超々ジュラルミン 製のiPhoneケースについて

超々ジュラルミン 製のiPhoneケースということでいうと、「SQUAIR iPhone 5s / 5 専用 ジュラルミンメッシュケース 日本製 超々ジュラルミン A7075 を使った 金属製ケース アイフォン5  ブラック  SQDMC500-BLK」もあります。

超々ジュラルミンということだけではなく、メッシュのデザインも注目されました。また、10万円を超える価格も話題になっていましたが、大手通販サイトで確認してみると、現在は半額近くまで値段は下がっているようです。そう考えると、あこがれの超々ジュラルミンA7075を手にするチャンスかもしれませんね。

あの超々ジュラルミンA70750.4mmの薄さにまで切削したというだけでもすごいことなのに、このメッシュ加工ですからね。超々ジュラルミンA7075をメッシュにしてしまうという加工技術も素晴らしいですし、その発想も素晴らしいと思うのです。さらに、そこに陽極酸化処理というものが加えられていますから、金属であるにもかかわらず、しっとりとした手触りがあるわけなのです。金属がしっとりしているというのは、冷静になって考えると、あり得ない話ではないでしょうか。アルミケースは滑りやすい場合がありますが、メッシュ加工にしたことによって、滑りにくくもなっているのです。1つ作るために約4時間も切削時間がかかるというのですから、そういうケースを使ってみたいものです。

20141112_TheSlit07_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です