iPhone 6 Plus アルミバンパー でカスタムしよう!

20141111_TheDimple-silver-main_morita

若い人の間ではiPhone 6 Plus アルミバンパーのカスタマイズというものが流行っているそうで、代行でiPhone 6 Plus アルミバンパーをカスタマイズしてくれるお店も出てきています。

は、実際にiPhone 6 Plus アルミバンパーはどうやってカスタマイズするのでしょうか。

行に任せる

の方法が一番主流で、少しお金はかかるのですが、自分でやるよりも綺麗に仕上がります。

こかにある店舗を探すというのも、楽しくていいのですが、ネットショップでもやってくれるところが増えているので、そういったお店を研削してみるのもいいかもしれません。

ういったカスタマイズをしてくれるのかというのは、値段別に分かれているのですが、基本的にはこちらが用意した画像を印刷してもらうというのが多いようです。

分でカスタマイズ!

分でケースを弄ってのカスタマイズというのもできてしまうので、オリジナリティを求める人の中には、このパターンも多いのです。

料自体は、ユザワヤなどで簡単に手に入るので、それを買ってきて編集していきます。

題は材料自体もタダではないので、結構な費用がかかってしまうのですが、オリジナルでお店には売っていないものは、こちらの方が作りやすいです。

20141111_TheDimple-black-main_morita

iPhone 6 Plusは軽くなり持ち運びやすいのですが、画面が大きくなって物量的に傷がつきやすく衝撃にも対処するためにしっかりと保護する必要が出てきました。耐衝撃性を高めるためのアクセサリーは必須になります。アルミ製のバンパーはiPhone 6 Plusを守るのに求める保護能力が十分にあるといっていいでしょう。

iPhone 6 Plus アルミバンパーは金属製ですので、硬さは充分です。シリコン製のものやプラスチック製のケースもありますが、薄くてぴったりと本体にフィットするiPhone 6 Plus アルミバンパーは、見た目がスッキリとして本体デザインの邪魔にはなりません。バンパーにも様々が素材のものがありますが、衝撃を受けても破損しにくいですし、しっかりと本体に固定されているため外れにくいという点もiPhone 6 Plus アルミバンパーは評価がとても高いです。バンパー選びに迷ったらアルミ製のものを選んでおけば間違いないでしょう。

金属製のため、iPhone 6 Plusを美しくカスタマイズしてくれます。心配される電波干渉も、売れ筋の商品のほとんどはきちんと対策がされていますので安心です。色もデザインも豊富ですので、自分好みのアルミバンパーは必ず見つけられるでしょう。

20140926_TheDimple-Hold

iPhone 6 Plus アルミバンパー でカスタムしよう!

iPhone 6 Plus アルミバンパー でカスタムするなら、定番はスワロフスキー・ジルコニアでしょうか。やはり、あのキラキラはたまらないものがありますからね。ダイヤモンドのような輝きを放ち、ゴージャスで高級感があって、テンションが上がります。

iPhone 6 Plus アルミバンパーは、カスタムするにしても、細いわけですから、カスタムするための面積は限られています。しかし、その細いアルミバンパーにジルコニアストーンが並んでいると、あまり嫌味がない分、上品な感じがします。アルミバンパーはシンプルなものが多くて、少し寂しい印象を持つことがありますが、ジルコニアを埋め込むようなカスタムを施せば、一気にイメージチェンジができます。

そうなんですよね。ゴージャスなのですが、繊細な感じがいいのです。全体がキラキラしているのもいいのですが、場合によっては派手なだけだったり、あまり品がよろしくないことがあります。ところが、アルミバンパーをカスタムしてスワロフスキー・ジルコニアなどでキラキラにした場合は、派手すぎるということにはなりませんから、大人っぽい雰囲気になると思うのです。あとは好きずきということにはなりますが、カスタムは、カスタムしているときと出来上がった瞬間が最高ですね。

index

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です