iPhoneケース アルミ の強度について

scene2-solo-2x

iPhone アルミ の強度について

iPhone アルミ の強度というと、iphone6s/iphone6s plus に使用されるアルミニウムが、いわゆる「7000系」のアルミニウムが採用されるのではないかということが噂になっています。iphone6/iphone6 plusでは、おしりのポケットに入れていたら曲がったなどという話もありましたから、Apple社は「Apple Watch Sport」に使用されている「7000シリーズアルミニウム」をiphone6s/iphone6s plusにも使用するのではないかと、まことしやかに語られているようです。

iPhone アルミということでいえば、アルミバンパーやアルミケースなどでも、アルミニウム合金である「ジュラルミン」「超ジュラルミン」「超々ジュラルミン」なども使用されているくらいですから、ある意味においては、iphoneとアルミという素材は関係が深いといえます。

この「7000シリーズアルミニウム」は、標準的な合金よりも60%も強度が高いという情報が散見されるのですが、その7000番台のアルミニウム合金こそが「超々ジュラルミン」なのです。現在のところ、アルミ合金中で最高の強度といわれているのが、この7000番台なのです。超々ジュラルミンといわれているのは、「7075」ですが、アルミバンパーなどの仕様を見ると「A7075」と記載されているものを見ることがあります。

SQUAIRDuralumin1

iPhone アルミ の強度について

iPhone アルミ 強度については、さまざまに記述があるので、目にしたことのある人も多いかもしれません。また、同じアップル社の「アップル ウォッチ」の説明においても、「酸化皮膜処理されたアルミニウム。ずば抜けて軽く、タフに。」というタイトルで、アップル社が解説していますから、それを見た人も多いのではないでしょうか。以下はこのように続いています。『Apple Watchのために、私たちは新しいアロイである「7000シリーズアルミニウム」を生み出しました。これは、標準的な合金よりも60パーセントも強く、しかも驚くほど軽量です。さらにディスプレイをIon-Xガラスでカバーしたことにより、Sportコレクションはステンレススチール製のモデルと比べて最大30パーセント軽くなっています。新しいアロイは純度も格段に高く、これまでのアルミニウム合金では難しかったムラのない美しさを持っています。』

このように、iPhone アルミ の強度は60%も増しているといっています。この7000シリーズアルミニウムは、iphone6s/iphone6s plusにも採用されるのではないかと予想されています。また、iphoneのアルミバンパーなどでは、7000シリーズアルミニウムだけではなく、さまざまなシリーズのアルミニウムが、すでに多くの商品で使用されています。iphoneにとって、アルミはなくてはならない素材なのです。

SQUAIRDuralumin2

iPhone アルミ の強度について

iPhone アルミ の強度について調べてみると、アルミニウムの特徴やメリットなどがわかってきました。

iPhone アルミと言っても、そのアルミニウムというのは、ほとんどの場合、「アルミニウム合金」なのです。合金というのは、アルミニウムの他に、別の金属を混ぜて作られるもので、そうすることにより、さらに強度が増したりするのです。

アルミニウム100%で使用されているものはまれなのですが、私たちの身近にある物がアルミニウム100%の代表選手なのです。わかる方はいらっしゃるでしょうか。実は、1円硬貨がアルミニウム100%なのだそうです。軽くて丈夫ということが、1円玉を手にしただけでよくわかると思います。しかし、1円玉は、傷がついているものや、時には曲がっている姿を見かけることもあります。アルミニウム100%だからなのかもしれません。

iphoneに使用されるアルミはアルミ合金ですから、強度はさらに増します。軽いというメリットはそのままに、強度だけではなく、耐蝕(耐食)性も増加します。これは、時間が経つにつれて、酸化皮膜が自然に作られることにより、鉄のように赤錆ができるようなことが起こらないのです。他にもアルミのメリットは多くあるので、iphone本体やiphoneアクセサリーなどで使用されているわけです。

00000296_photo1

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です