iPhoneケース に アルミ 素材の商品が多いのはなぜ?

20141107_TheSlit-silver_morita

シリコン、レザー、TPU…iPhone のケースに用いられる素材は色々ありますよね。それぞれ持ち味がありますが、数ある素材の中でも一際クールなのはやはりアルミでしょう。iPhoneケース アルミ素材のものを愛用しているという方も多いですよね。

アルミの特性といって、誰もがまず思い浮かべるのがその軽さだと思います。鉄や銅に比べると約3分の1という比重は、軽量化が求められる現代社会のニーズにマッチし、自動車、航空機、コンテナと生活のありとあらゆる場所で活用されています。

また強度にも優れ、アルミと銅の合金であるジュラルミンを始め、更なる強度を求め日々新たな研究が繰り広げられています。

軽い・強い・加工しやすいと3拍子揃ったアルミは、正に時代が選んだ素材と言えます。美しい光沢を持つアルミはそれだけで近未来感を漂わせ、デザイナーの感性を刺激するのでしょうか、iPhoneケース アルミ製のものは強く未来を意識している品が多いです。

持つだけでワクワクするような優れたデザインがアルミ製のケースには多く存在し、先進的なiPhoneユーザーの感性を揺さぶってくれます。落下時の衝撃もものともせず、一緒に未来へ飛んで行けそうなiPhoneケース アルミを持って、あなたも街に飛び出して下さい。

20141112_TheSlit07_morita

iPhoneケース アルミが多い理由として、素材として値段が安いという部分を持っています。もっと固い素材は幾つもありますが、こうした素材に限って、値段が高くなりやすいデメリットを持っています。もっと手軽に購入できるケースを作る場合、素材として安価で利用できるアルミが採用されます。値段を抑えるようにしつつ、ある程度の強度を残すことができます。

アルミは素材として安いために、色々な加工を施しても値段が上がりません。加工しやすいというのも大きなメリットと言える部分で、iPhoneケース アルミであれば、色々な形に加工することも結構簡単にできます。複雑な形にしても、簡単に曲げて対応することが出来るため、ケース自体の値段も抑えられます。曲げたとしても、硬さに影響が出ることもありませんから、アルミはよく採用されています。

ケースとしては、若干電波の問題を抱えていることも事実です。ただiPhoneケース アルミを採用しているのは、ケース自体に安定性があり、更に加工しやすいメリットを持っているからです。色を合わせやすい所もメリットと言えることですが、最近は奇抜なケースを利用する方も多く、落としても安心できるアルミが採用されています。

20141112_TheSlit10_morita

iPhoneケース アルミ 素材の商品が多いのはなぜ?

iPhoneケース アルミ 素材の商品が多いのはなぜだろうと考えたことがあるでしょうか。iPhoneケース アルミ 素材が多いのは、アルミの性質と特長(または特徴)にその理由があります。オリジナルのアルミ削り出しケースシリーズ「 XEXeed358(ゼクシード358)」でおなじみの「株式会社フジツール」のサイトに、アルミ素材の性質と特徴について詳しく説明がされていて、とてもよく理解することができました。

株式会社フジツールのiphoneアルミケースには、アルミ合金A2017Sと呼ばれるジュラルミンが使用されているそうです。最新素材としてこのようなジュラルミンが使用されているiphoneケースが増えていますよね。アルミニウムの性質と特徴は、軽いこと、強いこと、耐食性がよいこと、加工性が良いこと、電気伝導性が良いこと、磁気を帯びないこと、熱伝導性が良いこと、低温に強いこと、反射性が良いこと、毒性がないこと、美しいこと、鋳造しやすいこと、接合しやすいこと、真空特性が良いこと、再生しやすいことなのだそうです。これだけのメリットがアルミニウムにあるわけですから、iphoneケースにアルミ素材が使用されている商品が多いということに納得できるのではないでしょうか。

20141112_TheSlit05_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です