スマホ用 バンパー アルミ おすすめ商品紹介

20141111_TheEdge-gold-main_morita

iPhone バンパー アルミ おすすめ商品紹介

iPhone バンパー アルミ おすすめ商品の中から、「alumania iPhone6用アルミバンパー【EDGE LINE (シルバー)」をご紹介いたします。iphoneのモデルごとに最適化を図って設計を行うのがアルマニアですが、,やはりiphone6 plusのあのサイドまで回りこんだガラス面を持つデザインを考えたときに、それまでのiPhone バンパー アルミの設計ではiphone本体を守ることはできないと考えました。特に、それまでの固定方法ではダメだと考えたのです。

そこで、「インナーダンパー」という機能を装備することにより、衝撃が点で当たることを避け、面に分散させることに成功しました。この「インナーダンパー」を装備したのは、頻発する「ガラス割れ」を防ぐことでもありました。小一、デザインについては、「EDGE LINE」がもともと受け継がれてきたコンセプトによる基本デザインには大きな変化はありません。しかし、それにより熟成が一層進むことになりました。さらに、フィンガータイプの両サイドのスクリューを標準装備としたことや、高級ステンレスボタンを新採用し、薄型化にも成功。アルマニア史上最薄の9mmという厚さなりました。アルマイト仕上げには高級感もあって、ますます美しいiphone バンパーアルミになっているのです。

20141008_TheEdge-main_morita

iPhone バンパー アルミ おすすめ商品紹介

iPhone バンパー アルミ おすすめ商品の「アルミマグネットバンパー for iPhone 6」をご紹介しましょう。

このiPhone バンパー アルミは、なんと、わずか1秒で着脱することができるのです。というのも、名前からわかるように、マグネットを使用しているからなのです。ネジや工具が不要というバンパーアルミはよくありますが、それらよりも簡単に一瞬で着脱できるわけです。マグネット式を採用したことにより、ネジやフックをなくすことができますので、何かが飛び出しているようなデザインになることはなく、iPhone6の曲面をそのまま生かした見た目を維持することができています。

マグネットを使っているから重くなるのではないかと心配されるかもしれませんが、重さもわずか9gしかありません。アルミダイヤカット加工がされているので、すべるような手触りや質感があります。もちろんバンパーアルミの内側にはアブソーバーがありますから、バンパーアルミによるキズからiPhone6を守ることもしっかり忘れません。アルミバンパーを装着したままでも充電やボタン類の操作もできるように設計されているのは当然ですね。色はGOLD,GLAY,SILVERの3色があります。1987年創業のセンチュリーならではの「あったらいいな」が実現されているiPhone バンパーアルミです。

20141009_TheEdge-back-gold_morita

iPhone バンパー アルミ おすすめ商品紹介

iPhone バンパー アルミ おすすめ商品[Aluminism] Bumper Style for iPhone 64.7inch)をご紹介します。[Aluminism]といえば「アルミ削り出し」による美しいバンパーとして人気があります。

このiPhone バンパー アルミは、Simplismが自信を持って市場に出していて「最高のバンパー」と自負しています。リリースした際には、「満を持してここに過去にない最高のバンパーをリリースします」と声を高らかに宣言していました。それもそのはず、アルミニウム素材を使用するのは、Simplismブランドとしては初めてだったのですが、精巧に仕上げることのできる切削方式を採用したのです。

実は、切削方式の方がコストがかかるのです。それでも美しいバンパーを作るためにあえて切削方式の選択しました。コンピュータ制御により1mmにも満たない単位での加工をすることが可能となったことで、iphoneに負けないくらいの美しい姿を持つバンパーが完成したのです。

このバンパーアルミの特長はそれだけではなく、バンパーそのものをスタンドにすることができるというユニークな機能があるところです。他にもユニークな点があって、バンパーを包むパッケージの上部にあるフックをイヤフォンケーブルをぐるぐるとまとめるためのケーブルマネージメントとして使うことができるようになっているのです。

20141009_TheDimple-back-black_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です