アイフォン6 アルミバンパー 定番商品紹介

20141009_TheDimple-back-black_morita

アルミバンパーを使っている方の割合がとても高くなっている昨今ですが、アイフォン6ルミバンパーと言えばdeffやグラビティを思いつく方もいらっしゃいますが、隠れた定番商品として人気なのがパワーサポートのアルミバンパーです。iPhone6の美しいカーブに沿って違和感無く装着できるアルミバンパーとして人気で、ちょっと離れて見たらバンパーなんてつけてないように見えるくらい馴染んでしまうんです。

イフォン6ルミバンパーが定番商品となり得た要因がそのiPhoneのコンセプトや世界観を壊さない黒子に徹している所なんですが、当然ながらiPhoneを物理的な衝撃から保護する機能だって優れています。外部は軽量で硬いアルミとなっていますが、内側にエラストマー素材というクッションを入れていますので、衝撃のショックを弾性で受け止めてくれるんです。これならちょっと高い所から万が一落としても、壊れてしまう心配はかなり薄れてくれるかと思います。

たこの定番商品のアイフォン6ルミバンパーには液晶画面を守るクリスタルフィルムや、汚れを拭き取るためのクリーナークロスが付属していますから、このセットがあればiPhoneを綺麗で壊れにくい状態に保つことが可能なんです。

20141009_TheEdge-front-gold_morita

アイフォン6ルミバンパー 定番商品紹介

アイフォン6 アルミバンパー 定番商品を紹介します。「高精度アルミニウムバンパーケース DECASE for iPhone 6 (シルバー)」です。アイフォン6 アルミバンパーの定番商品ですから、これを読んでいる方の中にも、もしかしたら、この「高精度アルミニウムバンパーケース DECASE for iPhone 6 (シルバー)」を使っている方がいるかもしれませんね。

このアルミバンパーの特長といえば、0.01mという精度を誇る精密機器加工技術を応用して製作されたというところになるでしょう。この精密技術により、iPhone 6にジャストフィットするような設計がされています。さらに、流体力学デザインが採用されていますから、よりいっそうのフィット感を追求したアルミバンパーということが言えます。

また、ユーザビリティについても、とことんまで考え抜かれています。DECASEシリーズでは定評とともに好評のある、極限まで電波干渉がないような対策がなされています。その他にも、ストラップホール加工もされていますし、iPhoneカメラの凸レンズを保護する設計もしっかりとされています。そして、サイドボタン部分をあっさりとくり抜くような加工をするわけではなく、ボタン類についてはすべてをアルミニウムで再現するという方法を採用しました。

このようなことによりiPhone 6の使用感を失うことなく、iphone本体をしっかりと保護してくれるアルミバンパーなのです。

20141009_TheEdge-front-silver_morita

アイフォン6ルミバンパー 定番商品紹介

アイフォン6 アルミバンパー 定番商品を紹介します。それは、giPhone 6 ケース Spigen [ リアル アルミニウム バンパー] ネオ・ハイブリッド メタル iPhone 4.7 (2014) (国内正規品) (シャンパン・ゴールド 【SGP11038)」です。アイフォン6 アルミバンパーの定番中の定番ということができる商品の一つです。

この定番アルミバンパーである「ネオ・ハイブリッド」を選ぶ理由は、「スタイル」と「保護力」といわれています。現代的直線美でiPhone6のラインを生かすとされているのが、このiPhone6 ネオなのですが、その中でも「ハイブリッド メタル」は、シンプルなのに高級感を併せ持つデザインであるところが人気の理由です。

アイフォン6のアルミバンパーの定番となっているのはそれだけが理由ではありません。ディテールへのこだわりもその理由の一つです。最も使用することが多いのがボタン回りということになりますが、その部分についてディテールにまで極限までこだわって設計されたのがこの「ネオ・ハイブリッド」なのです。それが表れているのが、ボリュームボタンと電源ボタンです。その部分は、iPhone 6の質感を生かしたデザインになっていて、スマートフォンライフをより充実させたものにしてくれるのです。

20141010_TheEdge-button_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です