アルミケース iPhone 向けにケースに採用されるのはなぜ?

20141107_TheSlit-silver_morita

iPhoneをより安心して使っていくために保護をするケースが各メーカーからたくさん販売されているという現状がありますが、iphone アルミケースが採用されている事がとても多くなっているんです。この理由としてはアルミが安価でしかも強固であるにも関わらず軽量であるという事だと思うのですが、アルミニウムという金属が加工しやすいという点もiphone アルミケースが採用されている要因かと思うんです。

アルミニウムと言ってもアイフォンケースに使われている物はジュラルミンのようなアルミ合金製であることが多いのですが、とても繊細な加工を施すことが出来るということで、アイフォンケースの素材にするには打ってつけなんです。iPhoneには外部に入力端子があったり物理ボタンなどがありますが、その為の穴を空ける作業の際にアルミ合金だと都合がとてもいいんです。もしステンレスだったらその作業はより熟練した技術が必要となりますし、そもそも鉄の合金だと重くてモバイルデバイスの意味を成さなくなる可能性もあります。

またアルミ素材は手にしっくりと馴染む特徴もありますので、iphone アルミケースとして採用する意味としては理に適っているのではないでしょうか。持ちやすく軽いアルミニウムケースが使われている理由はこんな所だと思います。

20141112_TheSlit03_morita

iphone アルミケース が採用されるのはなぜ?

iphone アルミケース が採用される理由は、軽くて丈夫ということが最大の理由でしょう。硬い金属を使用すればiphoneをしっかりと守ることができるということは当然です。

極端な話をしてしまえば、銀行にあるような分厚い扉のある金庫のようなケースを装着すると、完璧にiPhoneを守ることができるわけですが、そんなことをしたら、重くて持ち運ぶことはできません。

例えを極端にしすぎたため、話がわかりにくくなってしまいましたが、iphone アルミケースが採用されるのは、軽いのに頑丈な素材であるからというのが第1の理由です。

軽いということに類似しますが、「薄い」ということもiphoneにアルミケースが採用される理由の一つでしょう。

他にも、アルミケースには高級感を演出することができるという利点もあります。アルミニウムで作られたケースはデザインにもよりますが、目にしたときばかりではなく、手にしたときであっても、高級感を味わうことができます。

耐久性ということもアルミケースが採用される理由の一つです。

このように、軽量、強固、高級感、耐久性というメリットがあるのですから、iphoneアルミケースが採用されるのは、ある意味では当然かもしれません。

もちろん、どんなものでも、メリットがあれば、デメリットもありますが、デメリットについては対応がされているアルミケースが開発されるわけですから、メリットだけを享受することができるわけです。

20141112_TheSlit10_morita

スマートフォンを保護する方法はいろいろありますが、iphone アルミケースが採用されることが多くなっています。それはなぜなのか、理由をご存じでしょうか。ポイントとして考えられるのは、素材自体の頑強さによる防護性能と、銀色であるためにデザインに向いていること、価格が比較的安いという三点です。

点目の、素材が丈夫であることに関して説明します。落としたり踏んづけたりしても本体が壊れずに済むためには、衝撃を吸収してくれるもので包み込むことが大切ですね。そのようなものとしては軟性のプラスチックやゴムも挙げられますが、iphone アルミケースこそ最も適しています。なぜならば、ダメージを和らげて伝える機能を持つ前者に対して、金属はそもそも衝撃をその外側でブロックするという特性を持つからです。

かしながら、いくら機能が高くても優れた商品であるとは限りません。消費者が求めているのはスペックの高さだけではなく、身に付けたときに楽しくなるデザインでもあるからです。そして、iphone アルミケースはこの条件もクリアしています。他者に媚びない、無駄のない装飾が施されたシルバーの外観は大人にこそふさわしいですし、どのようなシーンに持ち込んでも違和感がありません。それを手頃な値段で購入できるのですから、人気が出るのは自然なことです。

20141112_TheSlit01_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です