ジュラルミンバンパー ってどんなモノ?

20141008_TheDimple-main_morita

スマホケースのシェアでバンパーはかなり高い割合になっていますが、その中でもアルミで出来たバンパーは強度の面でもビジュアルの面でも人気の高い商品となっています。そんなアルミで出来たバンパーの中でもジュラルミンバンパーは更に強度が高めてあって、お値段的には多少高くなりますが満足できるバンパーであることには間違いありません。

もそもジュラルミンとはなんぞやとハテナマークが付いてしまう方もいるでしょうが、これはアルミニウム合金の一種でしてとても軽量かつ硬化な素材で、各方面で多用されている使い勝手の良い合金なんです。他にも超ジュラルミンとか超々ジュラルミンといったまるで少年漫画に出てきそうなネーミングのアルミ合金もあって、ジュラルミンバンパーでもそれらの特殊合金製の物が結構販売されているんです。

ュラルミンバンパーを購入するメリットの一番はやっぱりその軽くて硬いという特性なんですが、見た目の華やかさも忘れてはならないポイントでしょう。合金製というワードは男子をワクワクさせてくれること間違いなしですし、そのメタリックな質感は男性だけでなく女性をも虜にしてくれます。

かにお値段は安いとは言い難いんですが、これをiPhoneに付けていればきっと一目を置かれる存在になると思います。

20141008_TheDimple04_morita

ジュラルミンバンパー ってどんなモノ?

ジュラルミンバンパーというものを最近はよく見かけるようになったと思います。ジュラルミンバンパーは、航空機などにも使用されるアルミニウム合金であるジュラルミンを使用して作られたバンパーなのです。

ジュラルミンと言えば、映画やドラマなどで、大金を運ぶときに入れる銀色のケースがありますが、あのケースはジュラルミンで作られているのです。軽くて、丈夫だから、大金を運ぶのにはピッタリというわけですが、最近では、ジュラルミンケースというと、あの大金を運ぶケースではなくて、iphoneのケースの方が一般的かもしれません。

ジュラルミンについて調べてみたところ、興味深いことがわかりました。ジュラルミンな偶然発見されたものだったというのです。偶然の発見がとんでもない発見や発明になることが世の中にはいくつもありますが、ジュラルミンもそうだったとは知りませんでした。

また、ジュラルミンという名前の由来は、発見された地名のデュレンとアルミニウムを合成したものなのだそうです。

さらに、豆知識・トリビアとして入れておくといいかもしれない情報としては、A2017アルミニウム合金がジュラルミン、A2024が超ジュラルミン、A7075が超々ジュラルミンということがJIS規格にあるということです。この超ジュラルミンや超々ジュラルミンもiphoneジュラルミンバンパーに使用されています。

20141010_TheDimple-button_morita

アルミ合金の一種であるジュラルミンは、航空機素材やアタッシェケースなど使われています。アルミよりも硬くて軽く、そして高価な素材です。しかしそれに見合った品質を持ち合わせており、iphoneで作られている他のバンパーの一つ上を行くジュラルミンバンパーとして利用されています。

ジュラルミンバンパーはとても衝撃に強く、誤って落下させてしまっても壊れることはほぼ無いといってもいいでしょう。手から滑らせてしまった時に地面に当たりやすいのは側面ですが、ジュラルミン素材で作られているバンパーでしたら、まず傷がついたり歪んでしまったりしませんし、端末異常が起こってしまうことも防げます。航空機にも使われている素材なので、そういった衝撃にはとても強いのです。通常のアルミバンパーよりもより強固にiphone本体を守りたいと考えているかたは、ジュラルミンバンパーの利用を考えるのがいいでしょう。

ジュラルミン製のものはその耐衝撃性のみならず、耐久力もあります。見た目も美しく高級感にも溢れています。一つ難点があるとすれば、値段の高さでしょう。ですが、値段以上の使用感と満足の行く品質ですし、高いバンパーを使うことで、より大切には本体を取り扱うことにも繋がるのではないでしょうか。

20141009_TheDimple-remover_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です