iphone6 plus は フィルム で画面を保護しよう

20141009_TheDimple-Front-silver_morita

iphone6 plus フィルム で画面を保護しよう

iphone6 plus フィルム で画面を保護することは必須と言えると思いますが、保護フィルムはたくさんの種類が販売されていますから、どれにしたらいいのだろうと迷う人が多いかもしれません。そこでiphone6 plus フィルムの中から、「Simplism Frame Film for iPhone 6 Plus」をご紹介いたします。

このiphone6 plus保護フィルムは、液晶画面だけではなく、ガラス面全体を覆うように装着することができるのです。よくある保護フィルムの場合、iphone6の曲面にうまく対応できるような設計がされていないため、iphoneの画面だけを保護するように貼り付ける仕様になっているものがあります。このような仕様の保護フィルムだと、iphone6のすべてを守っているとは言えませんよね。ところが、この「Simplism Frame Film for iPhone 6 Plus」であれば、iphone6 plusの曲面にまで貼ることができるようになっています。

それに、この保護フィルムは自己吸着タイプなので接着剤を使用していませんから、保護フィルムを剥がした後に接着剤が残ってしまうようなこともないのです。嬉しい事に、クリーニングクロスやホコリ取りテープもついていますし、貼り付け補助カードで気泡を押し出すことができます。何より助かるのが、まっすく貼るための「ミラクルシール」です。

20141009_TheDimple-Front-black_morita

iphone6 plus フィルム で画面を保護しよう

iphone6 plus フィルム で画面を保護するのなら、【厚さ0.18mm Apple iPhone 6 Plus (5.5インチ) ガラスフィルム 液晶保護フィルム ドイツ SCHOTT AG社製ガラス採用 強化ガラス 2.5D 硬度9H ラウンドエッジ加工 アップル【国内正規流通品】をおすすめします。

厚さが0.18mmというのは、確認できる保護フィルムとしては、最も薄いのではないでしょうか。これだけの薄さであれば、保護フィルムを装着していることを忘れてしまうほどだと思います。装着していることを忘れてしまうためには、薄いだけではなくて、iphone6 plus フィルムの透明度も高くなければいけないと思いますが、この保護フィルムはその透明度も文句なしです。かえって、液晶画面の色あいが鮮明になったようにさえ感じることができます。

ラウンドカット加工、ハードコート加工、オイルコーティング加工、スムースタッチ加工、エアーレス加工、飛散防止加工など、さまざまな特殊加工が施されているので、貼り付けるときも、装着後にiphone6 plusを使用する際にも、万が一、破損してしまったときであっても、iphone6 plus本体を守るだけではなく、使用しているユーザーのことも守るような設計がされているところが素晴らしいです。

20141009_TheEdge-front-gold_morita

画面保護フィルムというのは、直接手で操作するために傷つきやすい液晶部分を守るためにあって、PET素材のものが多く出回っています。iphoneの故障原因のほとんどがこの液晶画面に関するもので、データを守るためにもしっかりと保護しなくてはなりません。iphone6 plus フィルムは種類も豊富で、百円均一ショップで売っているものから数千円と高価なものまで様々です。フィルムも使用していくうちに傷ついてしまいます。安いものを定期的に貼り替えるか、初めから傷に強い高価なものを選ぶかは、使う人のこだわり次第です。

過率の違いも好みによるところが大きいですが、光沢のあるフィルムは画面を綺麗に見せてくれますし、映り込みが気になるかたにはアンチグレアフィルムが最適です。iphone6 plus フィルムの中でも指紋防止加工がされているものは表面がさらさらとした触り心地のものが多く、画面操作で指の汚れが付くことを防いでくれます。女性にはファンデーションの汚れも画面に付きにくくなることで、好んで使われています。iphone6 plus フィルムを貼るのが苦手だというかたには、気泡が入らないことを売りにしているフィルムがお勧めです。

切なiphone6 plusの画面保護のために、必ず保護フィルムをつけましょう。

20141009_TheDimple-Front-gold_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です