バンパー iPhone6 人気商品まとめ

20141009_TheEdge-front-silver_morita
バンパーケースは耐衝撃性が高く、不意の落下などに効果を発揮します。
バンパー iphone6用はサイズが大きくなったiphoneを守ってくれます。

そんなバンパー iphone6用の人気商品をまとめました。

■MUSASHI 背面保護クリアプレート付 アルミバンパー

iphoneの外観を損ないたくないという理由でクリアハードケースを使用している人は多いと思います。
このケースはそういう人がバンパーケースに乗り換えるときに最適なケースといえるでしょう。
バンパー部が極薄で背面はクリアプレート付き。
iphoneのデザインを損なわずに装着することができます。
クリアハードケースとバンパーケースの良いとこ取りをしたケースです。

■エアリア M’s Select. Masquerade iPhone 6

女性に人気なのがこのバンパーケースです。
バンパーケースはメタルのゴツいケースが多いですが、このバンパーはカメラ部に女の子らしい花柄の彫刻が施されていてアクセサリのような高級感があります。
このような細かな配慮が人気の秘密なのだと思います。
女性がバンパーケースを選ぶ時にはまずこのケースをおすすめします。

■Cleave Stainless Bumper for iPhone 6 “The One”

バンパーケースで高級感も求めた人気のケースです。
アルミのバンパーケースが多い中、アルミよりも軽く硬度も高いステンレススチール316Lを採用しています。
この素材はAppleWatchにも採用されているもので、デザインにもこだわりが伺えます。
AppleWatchユーザーにはもちろん、1ランク上のバンパーを求める人におすすめのケースです。

バンパー iphone6用の人気商品をご紹介しました。
いずれもバンパーケースのイメージを変えてくれるものばかりです。
ぜひ検討してみてください。

20141009_TheEdge-front-gold_morita

iphone6用バンパー 人気商品まとめ
バンパー iphone6用の人気商品ということであれば、「POWER SUPPORT Arc バンパーセット for iPhone6(ダークグレー) PYC-51 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]」を外すことはできないでしょう。バンパー iphone6用にはさまざまな人気商品がありますが、この「POWER SUPPORT Arc バンパーセット for iPhone6(ダークグレー) PYC-51 [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]」が人気になっている理由は、製品名に「Arc」という名前が付けられていることからわかりますように、iphone6の丸みのあるフォルムを生かした作りになっていることだと思います。
このバンパー iphone6用の内側には、エラストマー素材が使用されています。このエラストマー素材は弾性がありますので、パンパーを着けたり外したりするときに傷がつくことを防止してくれますし、それだけではなく、外からの軽い衝撃であればそれを吸収する能力もあります。バンパー外側の素材はポリカーボネートなのでアルミ製とは趣の違う使用感があるはずです。背面バックパネルは保護されませんが、このバンパーはiphone6の液晶面よりも高く出るような設計がされていますので、デスクの上などにiphone6を置いても液晶面が直接擦れることはありません。軽くて使いやすいパンパーのカラーバリエーションの中からダークグレイを紹介しましたが、ゴールドとシルバーもあります。

20141009_TheEdge-remover_morita

iphone6用バンパー 人気商品まとめ
バンパー iphone6用で人気商品の一つが、「カーボン×アルミ HYBRID バンパー(iPhone6 用)」です。この「カーボン×アルミ HYBRID バンパー(iPhone6 用)」という文字だけでは、どうしてこのバンパー iphone6用が人気商品なのかわからないと思いますが、このバンパー iphone6用には、六連星エンブレムとSUBARUロゴがあしらわれているのです。そうです。あのラリーカーでお馴染みの「SUBARU」のスバルブルーが目に鮮やかなカッコイイパンパーが人気なのです。もちろんスバルのファンじゃない人は使用しないかもしれませんが、このスバルブルーのカラーとデザインはスバルファンでなくても装着してみたいと思うのではないでしょうか。
色やデザインがカッコイイというだけではなくて、アルミニウム合金製(A6063)が使用されていますし、ドライカーボンも使用されています。ドライカーボンは、シート状のカーボンを特殊な方法により加圧しながら焼きあげて作られます。この製法により、必要のない樹脂が取り除かれるので、強度が増し、軽量化も図られるのです。レースカーなどにも使用されている技術ですよね。「Quick Lockシステム」が採用されていますので、工具を使うことなくバンパーの脱着をすることができます。

20141009_TheDimple-Front-silver_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です