アイフォン6 バンパー 売り上げランキング

20141111_TheDimple-silver-main_morita

近年、従来型携帯電話のストラップやスマートフォン用カバーにかわって売り上げを急激に伸ばしているのが、アイフォン6ンパーです。この記事では、売り上げランキングの上位にはどのような商品が位置しているか、それはなぜ消費者に支持されているのかについて解説していきます。

本をはじめ、先進国では1990年代に携帯電話が一般市民の間に普及し始めましたが、外出中に使用するため、落として破損させてしまうリスクがありました。そこで考案されたのが本体を包み込むケースであり、2010年以降にスマートフォンが普及しても、その流れは引き継がれました。ただ、装着する本体のディテールが大きく変わってしまい、操作性も変わるという店を考慮する必要があります。そこで登場したのが、アイフォン6ンパーです。

の商品にはやわらかいプラスチックや樹脂が使われていることが多いため、虹のようなカラフルな色遣いにすることが可能であり、それらが販売数のトップとなることがほとんどです。おしゃれを意識する若者に、特に支持されていると言えます。その次にアイフォン6ンパーのランキングに入るのはアルミなど金属でできたものであり、こちらは重厚感を求める会社員や、中高年の男性の人気が高くなっています。

20141009_TheDimple-Front-gold_morita

通販サイトなどを見ますと、リアルタイムでどの商品に人気が集まっているのかを確認することができます。デジタル関連のアクセサリとしてはアイフォン6ンパーがその代表例ですが、人気ランキングの動向はどのようになっているでしょうか。実際にサイトにアクセスし、調査を行いました。

外な結果が表示されています。最もユーザーに支持されているアイフォン6ンパーは、無色透明の樹脂を使ったクリアな商品でした。説明を読みますと、透明であればこの機種のメーカーロゴを隠すことがありませんし、色が付いているものと違ってデザインが変わってしまうおそれもないということです。たしかに、この機種はその操作性とスペックの高さだけではなく、本体の美しさも人気の一因となっていますから、こういった説明には納得させられます。

の次にランクインしていたのはメタリックなアイフォン6ンパーでしたが、ここでも筆者の予想は覆されました。金銀銅の単色ではなく、ピンクや白などのカラー付きが人気だったのです。金属の堅牢性とデザインの両立が求められているのでしょうか。どのような商品をお求めになるかは皆さん次第ですが、このようなランキングを参考になされば、社会の動向を知るきっかけとなります。

20141009_TheDimple-back-silver_morita

市場調査においては、個人の感情や先入観を排し、統計データを冷静に分析することが大切です。それはアイフォン6ンパーの人気ランキングにおいても変わることがありません。お仕事でこのような商品を扱う方も、お知り合いやご家族へのプレゼントを検討している方も、参考になさってください。

さんは、どのようなアイフォン6ンパーが人気のランキングに見られると思われるでしょうか。側面の保護を目的とするものですから、その性能の高さをアピールしたメーカーの商品こそ売れていると考えられるでしょう。しかし実際には、性能は二番手であり、デザインこそが最も重視されています。衣服やステーショナリーと同じく、毎日肌身はなさずに使用し続けるものですから、外見を大切にするのは自然な心理であると言えます。

こで課題となるのは、上位にランクインしているのはどのようなデザインのアイフォン6ンパーなのかという点です。芸能人が監修したものや、アニメなどのキャラクターが描かれたものであるような気がしますが、実際には、さりげなく個性を主張できるシンプルなものが販売を伸ばしています。色が付いていないクリアのものや、カラフルであってもやや淡い色遣いのもの、金属の質感がそのまま表現された商品などです。

20141009_TheDimple-back-gold_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です