iphoneケース ブランド 商品まとめ

20141112_TheSlit03_morita

iphoneケース ブランドをうたった商品はたくさんあります。インターネットで検索しただけでもずらりと通販サイトが並び、様々なデザインのiphoneケース ブランド品があります。実はこれらの中にはコピー品が含まれていますので注意が必要です。通販サイトに載っている商品写真を一見しただけではなかなか本物かどうか区別がつきかねると思います。実際ブランドが販売していないデザインのものは模造品であることがほとんどです。このためiphoneケース ブランドの本物を手に入れたければ、それぞれのブランドの公式ホームページをご覧になってどのようなデザインが実際には製造されているのか確認されることをお勧めします。iphoneケースと一口に言っても、モデルによって大きさは様々ですから、ブランドがそれぞれのサイズに合わせたiphoneケースを手帳型、バンパー型など各種製造することはまずないと言えます。例えばルイヴィトンであれば、iphoneケースは各モデルにつき本体をすっぽり入れる形のハードケースもしくはソフトケースだけを製造しています。ルイヴィトンの手帳型iphoneケースというものは存在しないのです。公式サイトもしくは店頭で購入されることをお勧めします。

20141112_TheSlit08_morita

iphoneケース ブランドは多数ありますが、ブランドによりアルミ製、レザー(革)製、TPU製、エラストマー製など様々です。

アルミ製の場合には、全体を光沢あるメタリックな外観で覆う特徴があります。

しかも軽量で素材が薄くできており、装着してもかさばることがありません。

アルミ製のブランドで人気なのは、リアルアルミニウムバンパーという製品を出しているSpigenです。

TPU素材では、Highend berryというブランドが人気です。

TPU素材とは、柔らかく弾力ある透明な素材で、iphoneの外観を活かす形になっています。

iphoneケース ブランドでは、エラストマーの素材も登場しています。

エラストマーは柔らかくて耐久性が非常に優れており、衝撃を吸収する素材です。

エラストマーで人気なのは、AndMeshというブランドのメッシュカバーです。

革製品を製造しているiphoneケース ブランドも多くあります。

革製は自然な手触りを活かした、耐久力もあって長く使える天然素材です。

革製ブランドとしてはSHIELDONの手帳型カバーが人気になっています。

いずれの材質のカバーも、色は多彩であり、気にいる色に辿り着けるでしょう。

iphoneにどんなカバーを付けるか思案中のかたは、参考にしてください。

20141112_TheSlit06_morita

主に欧米やアジア新興国の富裕層の間で、iphoneケース ブランドの人気が高まっています。この機種は日本ではもっとも人気があり、通信会社の努力によって普及率は非常に高くなっていますが、ほかの国では高級なデジタルアイテムとして知られており一種のステータスシンボルとなっています。

そんなiphoneケース ブランドの商品としては、どのようなものがあるでしょうか。前述の富裕層の間で人気なのは、ヨーロッパの高級服飾店や鞄店が製造するものです。これらの企業が世界で高く評価されているのは、ただ単に高級だから、お金持ちが持っているからといった理由ではありません。長い伝統と、職人の技巧によって培われた品質こそが信頼されており、値段はその価値のあらわれです。そして、スマートフォン関連グッズにも、その品質の高さは表れているのです。

そういった有名企業が製造するiphoneケース ブランドは、服や鞄と同じ模様やロゴが入ったものや、宝石が散りばめられたものなど、その名に恥じない高級品ばかりです。そして、歴史に裏打ちされた技術によって革や金属が加工されているため、本体を防護する性能にも優れています。お求めになれば、ご自分に自信を持てるだけでなく、本体を守ってくれているという安心感をも得られることでしょう。

20141112_TheSlit01_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です