iPhone6 ケース バンパー 人気商品まとめ

20141112_TheSlit07_morita

最近とても話題となっていて、インターネットを使っていると見ない日はないというくらいのiphone6 ケース バンパーです。
個人的にはiphone6 ケース バンパーの中でもおすすめ出来るものは多くないので、iphone6 ケース バンパー中のオススメを2つほどご紹介します。
今回は具体的な商品名などは無しで、どういったたぐいのものがおすすめなのかという、ちょっと抽象的な感じとなります。
ではいきましょう。バンパーケースというものの特徴として、どうしても色が地味になってしまうというデメリットがあるのですが、これを何とかしなければせっかくオシャレな本体が埋もれていってしまいます。
ですので、色はたくさんあるものを選ぶようにしましょう。
まずひとつめというのが、この色のことで、色が少ないバンパーは良くないと決め付けるわけでは無いのですが、やはり色が多いほうがいいでしょう。
ふたつめのオススメポイントというのは、薄さです。
薄さなんて対して大切ではないのではないかと思われるかもしれませんが、厚くできているものは予想以上に重いのです。
あまりにも重いとつけているのが苦痛になってしまって、気が付けばバンパーケースが消えていたなんていう無意識化の行動も発生します。

20141112_TheSlit09_morita

iphone6 ケース バンパーの特徴やいいところをまとめておくためにも、iphone6 ケース バンパーの要素をいくつか考える必要があります。
iphone6 ケース バンパーといえば、その丈夫さに考えが行きがちなので、初めは丈夫さにしておきましょう。
丈夫さについては、もちろん頑丈な方がいいのですが、あまりにも頑丈すぎるとそれだけケースの厚みが増していってしまうという傾向にあるので、ほどほどにしておくといいかもしれません。
最近ではケースの素材にもいろいろあるので、もしかしたら薄くても頑丈なものもあれば、厚くても頑丈でないものもあるかもしれません。
後者は正直メリットを見いだせないので、あまりオススメはできないです。
後は取り付けるのが簡単かということも大事かもしれないです。
アルミバンパーのケースというのはいがいにも取り付けが面倒なものが多くて、ものによってはネジを使うなんて言うものまであるのです。
最近の若い人たちはもしかしたらドライバーを使う機会なんてほとんどないかもしれないので、やはりネジを使わないで装着できるものがおすすめです。
最近は2つに分割して、それを上下で挟むように装着するだけなんてものもあるので、積極的に取り入れましょう。

20141112_TheSlit08_morita

ここのところ、青という色がとても流行っているという雰囲気をかんじることがあります。
実際昔ならば赤と青の2種類があるものは赤のほうが売れていたのですが、最近では青のほうが売れるなんてことも多いようです。
何故このように青のほうが売れるようになったのかは分かりませんが、少なくともiphone6 ケース バンパーも赤よりは青のもののほうが売れているということは分かります。
そんなiphone6 ケース バンパーでも特に綺麗な青色の商品で、タッチフレームクリアというケースがあります。
海外の会社で作られているものなので、あまり知名度はないかもしれませんが、iphone6 ケース バンパーの青色の中でもとにかく綺麗で、例えるならば空の色と似ているかもしれません。
要は青って感じのコバルトっぽい色とは違って、ちょっと黄色が入っているような、スカイブルーっぽいのです。
もちろん綺麗なだけではありません。
素材としてポリカーボネートが使われているので、衝撃にとても強く、ちょっとやそっとのことでは割れることがありえないのです。
フレームの部分以外はクリア素材を使用しているため、本体のデザインを邪魔することもなく、とてもシンプルな装着感を味わうことができます。

20141112_TheSlit04_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です