iPhone 6 plus 向け カバー 売れ筋商品紹介

03

装着感を求める人が多かった携帯ケースに、最近少し変化が見られています。
それというのも最近のスマホは小型化軽量化を目指した結果として、形がとても曲線的で美しいものになった半面、どうしても持ったときに落としやすい形になっているものが多いのです。
もしもiphone 6 plus カバーなしで落としてしまった場合を考えるとぞっとします。
しかし、それはiphone 6 plus カバーをつけていなかったために、落としてしまったとも考えられるのです。
何故なら最近のiphone 6 plus カバーにはシリコンカバーのものが増えていて、おそらく何かしらの商品で触ったことはあると思うのですが、このシリコンというのはとても滑りにくく、手にフィットする感覚が特徴となっているのです。
それをスマホに装着することによって、両手で持っていても、片手で持っていてもホールド感はあがり、まず落とすことはないと言えるでしょう。
それでも落としてしまうというようなことがあれば、もしかしたら手の湿り気が足りないのかもしれないので、ハンドクリームなどをつけてみるといいかもしれません。
もちろんシリコンケースの中には、あまりいいシリコンを使っていないために滑りがよくなってしまっているものもあります。

20140926_TheDimple-Hold

最近スマホを持つ人がとても増えてきたことによって、ケースも多様化が進んでおり、いろいろなケースの登場が期待されています。
iphone 6 plus カバーにも海外から来たものや、日本独自で開発されたものまで、たくさんの種類が売っており、実際にiphone 6 plus カバーを売っているショップに行ってみると、とてもたくさんのiphone 6 plus カバーがあってどれにするか迷っているお客さんも多いようです。
その中でも売れている商品は限られてはいて、最近ではシリコンのものや手帳型のものが人気を博しているとの声が大きいとされています。
何故今さらになって手帳型が人気になっているのかというと、最近出た新型のiPhone6というのは、形がとても丸みを帯びているため、ちょっと持ちにくいのです。
それが、手帳型ケースをつけることによって、形が四角くなるのでとても持ちやすくなると同時に、手帳型なので名刺やクレジットカードが入れられます。
名刺というのは社会人には欠かせないものではあるものの、常に持ち歩くケースを買うほどには使わないという人も多いでしょう。
それが携帯のケースに入っていれば、常に持ち歩いているのと同じことなので、何かしらの時にもすぐに名刺を取り出せます。

20141008_TheDimple04_morita

夏というとプールや海の季節で、昔はただ海に行って着替えて泳いでで良かったのですが、ラインやツイッターなどの登場で、遊んでいるときにも携帯電話を離せないという若者が急上昇中です。
そうなるとiphone 6 plus カバーには防水のものを選んでおかなくては、もしもiphone 6 plus カバーがちゃぽんと水に落ちてしまった時に故障してしまいます。
だったら海にまでiphone 6 plus カバーをつけたものを持っていかなければいいという意見も、もっともではあるのですが、それは海に行くときは喫煙者は煙草を持っていかなければいいと言っているようなものなのです。
おそらくこれは喫煙者なら理解が早いのではないでしょうか。
そんなときに役に立つのが防水加工のなされたスマホケースということになるわけです。
防水加工と言っても、本体をラップでぐるぐる巻きにした時のような構造で、分かりやすくとても単純なものではあります。
しかし、その単純さを舐めてはいけず、これでいがいと水は入ってこないものなのです。
もちろん長時間水の中で操作ができるよといったものではないので、過信しすぎて、これを持ったまま素潜りをするなんてことは、あまり推奨できませんが、通常の使用であれば自ら携帯をしっかり守ることが出来るでしょう。

20141008_TheEdge04_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です