iPhone 6 バンパー おすすめ商品紹介

20141010_TheDimple-button_morita

iphone 6 バンパーのケースにおける、いくつかの特徴が重要で、それらを兼ね備えていることこそが、良いiphone 6 バンパーと言える可能性が高いのです。
それをまとめてみますので、iphone 6 バンパーのユーザーの皆様、温かい目でご覧ください。
まずはラインの美しさという部分からご紹介しましょう。
アルミバンパーのケースというのは、基本的には本体にマッチするような綺麗な曲線の商品になっているのですが、まれにそれを無視して、本体を大きくしてしまっている商品もあるのです。
そういった商品も独自性があり、他の人とかぶらない見た目がオシャレさを演出してくれるという部分もあるにはあるのですが、ポケットなどに入れた際に大きくなってしまっている部分がひっかかりとなり、ポケットに詰まってしまうことがあります。
とくにジーンズなどはかなりタイトな設計をされているため、携帯を入れるのにもぎりぎりです。
それがさらに大きくなってしまうと、とてもではないけど入りきることはないでしょう。
よしんば入ったとしても、それを取り出すのに苦労してしまい、最悪の場合携帯を取り出す前に電話が切れてしまうかもしれません。
そんなことになっては携帯の意味はないのです。

20141009_TheDimple-back-gold_morita

iphone 6 バンパーにはネジで止めて装着し、確実にiphone 6 バンパーを取れないようにしているケースと、iphone 6 バンパーをねじ止めをせずに装着することで、簡単に取り外しができるケースがありますが、これはどちらの方がいいといえるのでしょう。
たとえばねじ止めをするケースのほうを使っていたとして、この場合はもしも落としてしまった時もケースが外れることはないので安心して落とすことができます。
安心して落とすという表現は少し良くないかもしれないので、言い換えるとすれば落としても安心して拾うことができます。
これがねじ止めをしていないケースだった場合には、かなりの確率で落とした時にケースが分解してしまうのです。
そうなってしまうと、ケースが分解したひょうしにケースのパーツがどこかに行ってしまうなんてことは日常茶飯事で、もしもそれが駅だった場合にはおそらく2度とケースが戻ってくることはないでしょう。
このようなことから、基本的にはねじ止めをしているバンパーケースの方がしっかりしていて良いというのがセオリーだったのですが、最近ではねじ止めなしでもかなりの装着定着率をほこるようなケースが登場してきていますので、それらを試してみるのもいいかもしれません。

20141009_TheEdge-back-silver_morita

iphone 6 バンパーの良いとこ悪いとこをあげていくと、自然とiphone 6 バンパーの魅力や、改善点が見えてくる物です。
iphone 6 バンパーには耐久度が高いというメリットがあるのですが、普通のケースと違ってバンパーケースというのは覆っている部分が周りだけに限られています。
それなのに何故耐久度が高いのかというと、これはアルミバンパーのケースに使われている素材のおかげで、アルミバンパーは基本的にもろくなってしまう可能性があるため、出来るだけ耐久度のたかい素材を使っているのです。
もちろん過信は禁物ではあるのですが、普通のケースより衝撃時の破損率が低いとされているので、一生使えてしまうなんてものもたくさんあります。
もちろんデメリットの部分もあり、それは装着が基本的には面倒ということです。
どう面倒なのかというと、基本的にアルミバンパーはその形から分かる通り、ねじ止めで装着するものとなっています。
この時にどうしてもドライバーが必要となってくるため、もしもドライバーがなければ装着できず、ドライバーも買う羽目になるでしょう。
しかし、これはあくまでも基本的にということなので、ドライバーなしでの装着が可能になっているものも出てきています。

20141009_TheDimple-Front-black_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です