iPhone6 plus の 背面 を保護する方法とは

20141009_TheDimple-back-black_morita

これまでのiphoneに比べてサイズが大きくなったiphone6 plusは、本体保護の面でもかさばらないものがとても人気です。大きくなったとは言っても薄くなった本体は衝撃にとても弱く、誤って変形させないためにもしっかりとiphone6 plus 背面保護をしなければなりません。
iphone6 plusに人気の保護アイテムは定番のハードケースやソフトケースですが、やはり大きさを考慮してバンパーの人気が高まっています。しかしバンパーだけですと背面がむき出しになってしまいますので、iphone6 plus 背面保護ケースと併用して本体の守りを強固にしているかたが多いです。
iphone6 plus 背面の保護に人気なのは、バンパーと一緒に使える透明ケースでしょう。デザインを損なわず、なおかつ心配される背面をきちんと守れます。金属バンパーにソフトケースがセットになったものですと心配される電波干渉も防げますし、背面はハードケースとソフトケースのいい面を兼ね備えたポリカーボネートが人気です。
iphone6 plusに心配なのは、薄さゆえゆえに折れ曲がってしまいやすいところですので、強度を補ってあげることが大切です。ケースはそれを補ってくれる存在ですので、ケース選びは慎重に行いましょう。

20141009_TheEdge-back-silver_morita

iphone6 plus 背面は、落としてしまうと破損する可能性が非常に高く、すぐに壊れてしまえば全てが終わってしまいます。壊れないための対策をすることが重要であり、なるべく背面を守れるようにしてください。ここで考えていかなければならないのが、背面をカバーできる商品を利用することです。ケースを利用して全てを覆うのもいい方法ですが、それ以外にもいい方法があります。
実は背面だけに貼ることのできるガラス製品が存在し、ケース等の方法でカバーするのが嫌なのであれば、iphone6 plus 背面に貼るだけで対応できるようになります。側面の部分は何らかの方法でガードしておけば問題は無いので、背面にガラスを貼って気を付けていれば破損を免れるようになります。ガラスは強化ガラスを採用しているので、落としたとしても背面まで衝撃が行かないようになっており、安心して利用できます。
iphone6 plus 背面は、色々な物が詰まっている部分となっています。この部分が壊れてしまえば全てが終わってしまうので、なるべく壊れないように気を付けてください。壊れないようにするため、最低でもガラスを貼ってカバーするくらいの気持ちが必要です。バンパーの方は背面カバーを利用することで、対応できるようになります。

20141009_TheEdge-back-gold_morita

iphone6 plus 背面を保護するにはいくつか選択肢があります。
また保護自体も大事ですが、使うときのデザインも優先させたいですよね。

そんなiphone6 plus 背面を保護するための選択肢をいくつかご紹介します。

■ミヤビックス 背面用保護シート OverLay Protector

お手軽に背面のキズを守りたいなら、背面用保護シート OverLay Protectorがおすすめです。
透明で厚さ0.36mm。
このシートのメリットはなんといっても組み合わせるケースに全く影響を与えないこと。
耐衝撃性という面ではもっと強いものがありますが、使えるケースが限られたり、透明で無いためにデザインを選んでしまうものになってしまいます。
あくまでケースのデザイン重視という方におすすめします。

■アピロス クリスタルアーマーバックプロテクター

このプロテクターの特徴は素材が強化ガラスで硬度9Hを実現していることです。
なので使用していて擦ったりしてもキズが入ることが基本的にありません。
背面のみの保護なので、上から落とす耐衝撃性という意味では効果は薄いですが、同社から出ているバンパーケースと組み合わせることで耐衝撃性とデザインとを兼ね備えたケースにすることが出来ます。
耐衝撃性もデザインも両方求めるよくばりな人におすすめです。

いかがでしょうか。
iphone6 plus 背面を保護するためのシート、ガラスをご紹介しました。
これ以外にもいろんなメリットのある背面保護のツールがあるので、探してみてください。

20141009_TheDimple-back-silver_morita

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です